skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

zabbixオリジナルアイテム&トリガー

投稿日:

zabbixは標準でもかなりのアイテム&トリガーが入っていますが、オリジナルなものを入れたいときも当然あるかと思います。

そんなときにオリジナルのアイテム&トリガーを入れることができます。

実務ではglassfishというアプリケーションサーバーを動かしており、これが落ちていないかどうかを確認したいとおもっていました。

その場合、 /etc/zabbix/zabbix_agentd.confの最下部に下記のように書いてあげればOKです。

=の前後に空白をいれると認識しないことがあるので注意しましょう。

このあと再起動します。

あとは設定→ホストでアイテムを登録してあげればOKです。

上記のケースだと「キー」がglassfishになります。

1,2分経ったあと監視データ→最新データで該当のホストを選び、グラフなどで正常に記録がされていればOKです。

トリガーに入れたい場合もトリガー作成を行い、追加→選択からアイテムを選べますのでこれで設定してあげればOKです。

https://www.zabbix.com/documentation/2.0/jp/manual/config/items/userparameters

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ファイル一括検索 xargsを利用した置換

実務でよくあるファイル一括置換。 sedに関しては以前も触れましたが使用範囲は多いですね。

ちなみにオプションがすごく大事でxargs …

no image

サーバー調査(主にログ調査に関して)

実務でサーバーなどの調子が悪いときに見るポイントなどをリストアップ。 基本はログの調査 プログラムも同じだと思いますが、基本的にはログを見ていくことになります。 見たほうが良いログなどは下記のもの C …

no image

Dockerfileでのコンテナ作成

dockerは通常はimageを取得し、コンテナを起動した後、自分独自にライブラリなどをインストールし、出来たものをcommitしますが、Dockerfileをつかえばこの一連の操作をファイルに記録し …

no image

SSHのfinger printに関して

今まで何気なくやっていることをあまり実は理解していない・・なんてことが多いもんで、最近は復習の必要性を感じています。 今回のお題はSSHのfinger printです。 初めてSSH先に接続するときに …

no image

ansible rolesなど

ansibleはある程度ファイルが肥大化してくると、管理するのが大変になります。 一般的にはプログラムのようにある程度のまとまりにわけてそれを読み込むということになります。 ある程度のまとまりのことを …