skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ansibleでのインストール

投稿日:

ansibleについてのメモなど。

ansibleって何?

構成管理ツール。一度設定しておけばサーバーの細かいインストールとかを自動でやってくれるツール。chefの兄弟みたいなもの(だと私は認識しています。)

インストールする側からコマンドをたたけば一発で複数サーバーにインストールなんてことも可能です。インストールされる側にはあらかじめなんの準備もいらないのがうれしい。

インストール前準備

2台のホスト(インストールする方とされる方)の用意。VPSを用意するかvagrantなどの仮想構築環境を使うのがいいです。自分はこの方法で2台のホストを動かして実行しました。

私の場合、installする環境が192.168.33.10 される側が192.168.33.11とします。ともにCentOS6.7です。

ansibleインストール

次にやることですが、どのホストをインストールするのかの情報を登録しておきます。

これまたいろんな書き方があるようですが、一番簡単なのは/etc/ansible/hostsに管理対象のホストを登録します。

今回の場合このファイルに

と書いてあげましょう。

SSH鍵登録

この状態でansible 192.168.33.11 -m ping とうつと( ansible 対象ホスト 命令 というコマンド)

下記のメッセージが帰ってきます。

SSHが登録されていませんよ~というエラーですね。

簡単な対応としてはパスワードの入力補完でkオプションをつけてあげるとパスワード
をいれてあげればOK。今度はSUCCESSというメッセージが帰ってきます。

ただこの方法だと毎回面倒なため、下記のように鍵を登録してあげるのがベターです。

http://qiita.com/toshiro3/items/e8c26ba53f14ff85b569

今後は下記コマンドだけで飛ばせます。

ansible 192.168.33.11 -m ping

また鍵を明示的に指定するには

ansbile  –private-key=(秘密鍵のパス) になります。

http://qiita.com/ariarijp/items/503f6fdcc9ff8b35f374

具体的なソフトウェアのインストール

例えばこのホストから対象ホストにapache(httpd)をインストールしてみましょう。

yaml形式で下記のようなファイルを作ります。

yum.yaml(拡張子がyamlであればファイル名は別になんでもいいです。)

これを書いた後、

ansible-playbook yum.yamlと入力すると一気にインストールができます。

最終的なansibleコマンドは下記で落ち着きそうです。

参考リンク&参考文献

http://knowledge.sakura.ad.jp/tech/3124/

Ansible徹底活用ガイド

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

サーバー構築(ゼロからの準備編)

VPSのサーバーを入れるときにほぼ確実にインストールするパッケージなどを。 Contents0.1 update&言語表記0.2 基本ライブラリ0.3 sudoユーザーの設定0.4 apache0.5 …

no image

apacheでのバーチャルホストの設定

このブログを旧サイトから移管し、同一ホストで別々のドメインを運用することになったので、バーチャルホストの設定を行いました。 Contents1 設定方法1.1 http.conf1.2 実際のバーチャ …

no image

ファイルアップロード・ダウンロードに関するシェルスクリプト

ファイルのアップロードやダウンロードに関するシェルスクリプトなんぞを。 地味ですが、以外に登場頻度は高いかと。 Contents1 FTP1.1 ダウンロード1.2 アップロード2 SCP2.1 アッ …

no image

ファイル一括検索 xargsを利用した置換

実務でよくあるファイル一括置換。 sedに関しては以前も触れましたが使用範囲は多いですね。

ちなみにオプションがすごく大事でxargs …

no image

vagrant 複数ホストを起動

ansbileを使おうと思ったんですが、ansibleはホスト1→ホスト2という構成になっているため、2台のホストがないと使えません。 MACであればローカル環境からいけますし、Windowsでもcy …