skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ansible複数アイテム登録&ファイル分割&ログ

投稿日:

引き続きansibleに関して。

設定ファイルの書き換え

サーバーのインストールとなるとソフトウェアのインストールだけではなくて、設定ファイルの書き換えなども合わせてやることが一般的です。

以下の方法がわかりやすいでしょう。/etc/php.iniのdate_timezoneを’Asia/Tokyo’に変える設定を書こうと思います。

ini_file

  • dest :対象ファイル
  • section:置換対象セクション名
  • option:置換対象行
  • value:置換後の値
  • backup バックアップをとるかいなか(yes or no)でタイムスタンプの付いたバックアップファイルが作れます。

さらなる細かい設定は公式を

http://docs.ansible.com/ansible/ini_file_module.html

設定ファイル形式の場合にはこれがベターでしょう。

ちなみに拡張は別に.iniである必要はありません。

またsectionやoptionが元々ファイルにない場合は新たに作られます。

lineinfile

  • dest :対象ファイル
  • regexp:置換対象正規表現
  • line:置換
  • backup ini_fileに同じ

こちらは設定ファイルではなく、通常のテキストファイルなら正規表現を使っての置換ができます。置換だけではなく、特定行のあとに追加するなどもできます。

http://docs.ansible.com/ansible/lineinfile_module.html

似た表現でreplaceというものもあります。これは複数行の置換が可能です。

他に正規表現などをダイレクトに使うなどもありましたが、簡便なものに絞りました。

他参考リンク

http://tanksuzuki.com/post/ansible-config-control/
http://qiita.com/cognitom/items/57de72b739642041dcd5

複数の値の置換

パッケージのインストール、ファイルの置換ともに複数の変数をまとめてインストールしたいときなどあると思います。その時は下記のように書きます。

PHP系のソフトウェアを一気にインストール

{{item}}部分が変数でwith_itemsで配列を定義しています。

設定ファイルの複数の置換

こちらはハッシュのリストが置換対象となっているパターンです。設定ファイルはこの形式でしょう。

ファイル分割

管理するタスクが増えてくると1つのファイルでずらずらと書くことになり可読性、保守性が低下するでしょう。

その場合、プログラムのように複数ファイルに分割するのが一般的でしょう。

例えばmain.ymlというファイルが親でここは呼び出すだけにし、実際の処理はrecipe1.yml  receipe2.ymlというファイルに処理が書かれているとします。

この場合、recipe1,2はいままでと同じですが、main.ymlには下記のように書いておけばrecipe1,2を呼び出せます。

実行時はansible-playbook main.yml でOKです。

ログ修正

ちなみにansibleの実行結果を見たい場合は設定ファイルでログを修正すればOKです。

を追加orコメントアウトをはずす。

これで実行結果が記録されるようになります。

http://cloudfront.rutake.com/techmemo/2016/05/24/ansible-%E5%AE%9F%E8%A1%8C%E6%99%82%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%82%92%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%81%AB%E6%9B%B8%E3%81%8D%E5%87%BA%E3%81%99/

-サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

sudoとsuについて

基本的なことの復習。 Contents1 su2 sudo2.1 wheel su Switch User。読んで字のごとくユーザーを切り替えるコマンドです。 su suzukiでユーザーsuzuki …

no image

サーバーの過負荷の発見 理論編

会社のテストサーバー(このブログが入っているサーバー)なんかが重くなってくると、再起動したりしているわけなんですが、CPUやメモリの使用率をみたり、といったシステマティックな運用はしてないです。 本来 …

no image

カレントディレクトリ以下のすべてのCR+LFをLFに

windows環境からファイルをアップしていると文字コードがバラバラだったりすることが多々あります。 まあ何がめんどくさいかというと差分がチェックできない。これが最悪です。 gitのdiffコマンドの …

no image

Vagrantでのフォルダ共有

Contents1 vagrantとホストOSのフォルダの共有2 ネットワークアダプタ設定3 任意のディレクトリをマウント vagrantとホストOSのフォルダの共有 ディフォルトではvagrantは …

no image

heroku scheduler(cron的なもの)

herokuでアプリをデプロイしたあと定期的に走らせたいバッチなどがあるとき、cronを使うことを考えると思いますが、herokuではheroku Schedulerというアプリを使います。 hero …