skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

ansible localでの使用,sudoに関して

投稿日:

最近継続的に調査しているansibleについて

local

ansibleは通常別のホストに対して行うものですが、

hostsファイルのIPを変更し、以下のコマンドを打つことで自身に対しても行うことができます。

http://qiita.com/hnakamur/items/c7c4f7277c07a14a4a59

sudo

いままでrootで直で行っていましたが、rootログインを禁止しているサーバーもあります。

一般的にも作業用ユーザーでログインし、そこからsudoで作業を実行することが一般的でしょう。

またbecome_userを外出しのオプションで設定してもOKです。

sudo_userなどでもいけますが、現在(ansible2.2では非推奨のようです。)

http://qiita.com/imoyoukan/items/12832aecd956d14b03f5

 

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Python+cgiでwebアプリを動かすまで

PythonでRESTAPI的なプログラムを作った時のメモ。 あまりCGIで実行する人がいないようで、情報がそこまでありませんでしたが、Perlでやった経験もあり、動かせました。 Contents1 …

no image

Sambaインストール

オフィスでサーバーをたてていますが、普段使っているメインのPCとのファイルのやりとりをSFTPクライアントなどでするのが面倒くさいので、同期させるためにSambaをインストールしました。 環境ですが、 …

no image

serverspecによるサーバー自動テスト

最近は管理しているサーバーが多いのと、構成管理ツール(Ansible)なんかをちょくちょく使ってますが、ちゃんと入っているかどうかを確認するのはそれなりに大変だったりします。 が、構成管理ツール自体も …

no image

POP3を使ったメール受信

メールの送信と比べると、プログラムで描く頻度は少ないですが、メールの受信について。 Contents1 POP3サーバー2 プログラムにてPOP3サーバーと通信3 PHPにてメールを取得する場合 PO …

no image

OSI参照モデル イーサネットとMACアドレス

OSI参照モデルのレイヤー1とレイヤー2で必要不可欠な規格がイーサネットです。 有線ネットワークであればほぼこの規格を採用していると思って間違いないでしょう。 MACアドレスでコンピューターを識別する …