skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

OSキャッシュの仕組み

投稿日:

大規模サービス技術入門のつづきです。

主にOSのキャッシュメモリについてです。

  • メモリとディスクの速度差は10万倍~100万倍
  • いかにディスクへのアクセスを減らすかがポイント
  • OSは各プロセスにメモリの番地(物理アドレス)を直接は渡さず、代わりに論理アドレスを渡す(プロセスがメモリの管理をする必要をなくすため)
  • ディスクから読みだされたデータはメモリ上に置かれ、一旦おかれるとしばらくは解放されない(ページキャッシュ)
  • Linuxではデータを常にキャッシュをしようとするので、sar -r でみるとあまり使っていないサーバーでも%memusedに50%ぐらいは割り当たっている
  • メモリを増やす→キャッシュに大量のデータを取り込める→その分IO負荷が減る(数値的にはiowaitの割合がへる)
  • データ規模 < 物理メモリならすべてのデータをメモリ上にキャッシュできる
  • メモリにデータが乗り切らないときにはじめて、複数のサーバーによる負荷分散を考える(DBの場合、単純にこうはいかない)
  • 単純に台数を増やしてもキャッシュは増えない(キャッシュできない部分までコピーしてしまうことになるため)
  • キャッシュの容量を増やすには局所化(アクセスのパターンごとに担当するサーバーを分ける)などの工夫が必要

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CentOS7の基本に関して

以前も学習しようとしましたが、CentOSの基礎について。 Contents1 デーモン2 ポートの割り当て3 systemdの役割 デーモン Linux上で動くサービスを提供をするプログラムのこと。 …

no image

シェルの基礎+ユーザー切り替え関連

雑誌を見ていたらシェルの特集があったので、ちょっとメモリます。 補強したいところのみ要点をチェック。 Contents0.1 実行パスについて0.2 ビルドインコマンド0.3 シェル変数・環境変数0. …

no image

Webの高速化に関して

Webの高速化に関してメモ。 高速化って言っても幅広いんですけどね。自分が行なっている対策に関して。 一応LAMP環境を前提にしてます。 Contents1 一番大事なのは測定2 DB対策3 フロント …

no image

clamAV

ウイルスソフトclamAVのインストールと使用法について Contents1 インストール1.1 CentOS61.2 CentOS72 スキャン実行の設定に関して インストール CentOS6 [c …

no image

ansible複数アイテム登録&ファイル分割&ログ

引き続きansibleに関して。 Contents1 設定ファイルの書き換え1.1 ini_file1.2 lineinfile2 複数の値の置換3 ファイル分割3.1 ログ修正 設定ファイルの書き換 …