skillup

技術ブログ

Database サーバー・ネットワーク

大規模Webサービス技術入門 DBの分散

投稿日:

前回に引き続き、大規模サービスを運用するときに必要になるMySQLの知識についてのまとめ

テーブル・SQL設計

  • 大前提としてすべてのデータをいかにメモリ上にのせられるかが大事
  • カラム定義の際、データサイズをなるべく小さくするようにする
  • インデックスを適切にはる→特にid系のデータ(whereやjoinで使用されるもの)
  • ただしインデックスはある程度のデータ量出ないとスピードが出ない(千件程度なら問題ない)&更新時には遅くなる
  • あるテーブルに二つのカラムがあり、独立してインデックスが張られていた場合、2つのカラムで検索しても片方だけしか使われない。この場合、組み合わせたキーで検索をかけた場合のパフォーマンスを上げたい場合、組み合わせたカラムに対してインデックスを張る必要がある
  • 具体的なパフォーマンスを知りたい場合、EXPLAIN句のROWの部分を少なくするようにする

http://skill-up-engineering.com/?p=1288

レプリケーション機能

  • データベースをマスターとスレーブに分ける。スレーブは常にマスタのコピーという状態にする
  • スレーブは主に参照系の処理の対応。更新系の処理は基本的にマスタで一括対応。(複数にわけると整合性をとるのが難しいため)
  • 上記のような用途から必然的にマスタのスケールはあまりしない。
  • ダウン時のリカバリがとても大変。

パーティショニング

  • データがメモリ上に乗らない場合につかう最終手段
  • テーブルを別々のサーバーにわけること
  • 別々のサーバーに分けるとJOINができないため、JOINをするような要素のものはパーティショニングさせない。
  • メモリ増設で対応できるならそちらで対応したほうがコスパ的にはいい

-Database, サーバー・ネットワーク
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

メール送信に関して その1 おおまかな送受信の仕組み

php-fpmを変えてから大分動きがよくなりましたね・・サーバーのレスポンスがはやい・・ 今回から数回に分けてメール送信の仕組みについて学習していこうと思います。 インフラ系の知識がやっぱり怪しいもん …

no image

障害調査フロー

実務でサーバーの障害が発生した時のフローなどをメモしおこうかと。 行ってしまうと「ログに始まり、ログにおわる」といった感じでしょうか。 サーバーエンジニアの方の作業をみてたんですが、基本的にはプログラ …

no image

論理設計のアンチパターン その2

今回は論理設計のアンチパターンの続きです。 今までに比べると何も意図がないというものではなく、パフォーマンスを考えて設計されているようなものが多いです。 ただし、中には絶対に許されないタイプのものもあ …

no image

sslの設定に関して

実務でサーバーにSSLの設定をすることがあったので書いておきます。 Contents1 SSLとは?2 設定方法全般に関して2.1 秘密鍵2.2 サーバー証明書と中間証明書の合体 SSLとは? 通常の …

no image

インメモリデータベース redis

インメモリデータベースのredis(レディース)について。 キャッシュとして以前はmemcachedを使っていましたが、いろいろ多機能ということでredisをちょっと触ってみようかと。 Content …