skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

mod_rewriteについて

投稿日:2017年6月1日 更新日:

本日はapacheのmod_rewriteについて。

例えばget句に郵便番号を付けて、住所を出力するWEBプログラムがあるとします。

この場合、そのままだとhttp://sampledomain.com/sampleapp/public/address.php?zip=1048404ですが、こういったURLをhttp://sampledomain.com/sampleapp/public/address/1048404でアクセスしたいとします。

こんな時に必要になるのがhttp://sampledomain.com/sampleapp/public/address/1048404でアクセスし、内部でhttp://sampledomain.com/sampleapp/public/address.php?zip=1048404と書き換える機能です。

これはapacheのmod_rewriteというモジュールで行います。

Apache2.4系を前提に説明します。(検索するとこれ以前のものが多く出てきますんで逆に2.4以前のものの情報には困らないかと思います。)

一応過去のブログを参考リンクに。
サーバー設定ファイルについて apache

mod_rewrite

/etc/httpd/conf.modules.d/00-base.conf

ここに下記のようにモジュールが組み込まれていればOKです。

あとはphpinfoで見て、Loaded Modulesのなかにmod_rewriteが書かれていればOKです。

デバッグ

URLのrewriteの場合、プログラムと違って中がどうなっているのかを把握するのが難しいので情報をログから取るしかありません。ログへの出力の抑制などは下記を/etc/httpd/conf/httpd.confにかいてあげればOKです。

※注意点としては先ほどのmodule読み込みよりも後に書かないと反映されません。

またどのくらいの情報を出力できるかをコントロールできます。出力レベルはdebug~emergeまであります。具体的には下記を参照

http://httpd.apache.org/docs/2.4/ja/mod/core.html#loglevel

またrewriteの情報も出力レベルが1~8まであり、数字が大きいほど詳しいです。

ログのパスなどは2.4系では自動的にapacheのerror_logに吐かれます。また具体的なURLのrewriteはアプリのディレクトリ直下に.htaccessをおいてこれで管理することがほとんどですので、.htaccessが機能するようにしておきましょう。

.htaccess

具体的なrewriteなどはアプリのディレクトリ直下のhtaccessに記述することが多いです。

今回のケースの場合、/var/www/html/sampleapp/public/address.phpにプログラムがあるとすると、htaccessのパスは/var/www/html/sampleapp/.htaccessになります。

ここで下記のように記述します。

具体的なrewriteのルールを知りたい場合は以前も紹介しましたが、下記のリンクが詳しいです。

https://murashun.jp/blog/20141229-01.html#chapter-199
http://oxynotes.com/?p=7392#5
http://ysklog.net/mod-rewrite/rewrite-base.html

ログには具体的に下記のようにリダイレクトが吐かれます。リダイレクトがうまくいっていないときはここで一回一回確認しましょう。

mod_rewriteのウェブサービス

まだリダイレクトをすぐに調べられるサービスもあるようなのでこれを活用するのもいいと思います。

http://www.generateit.net/mod-rewrite/index.php
まずはサンプルのURLをいれて挙動を確認してみましょう。.htaccessを自動で吐いてくれます。

http://htaccess.madewithlove.be/
get句を含んだURLとhtaccessの記述内容に合致しているかをすぐに判定してくれます。いちいちブラウザをたたくよりこっちのほうが便利かも・・

注意点

htaccessの場合、一度設定するとブラウザがキャッシュしてしまい、書き換えてもなかなか反映されないことが多いです。

その場合、ただのリロードや一般的なリロード(F5/Ctrl+F5)では解決しないことが多いです。

chromeでは以下のステップでキャッシュをクリアできます。

  • F12で開発ツールを出す
  • URLバーの横にあるマークを長押し
  • キャッシュの消去とハードの再読み込み

http://cms.aiosl.jp/manual/kowaza/1077/

ちなみにIEとfirefoxでは地道に設定画面からキャッシュをクリアするしかないようです。メンドイ・・・

 

 

-サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

scpコマンドを使ったサーバー間のファイルのやり取り

あるサーバーのファイルを別サーバーにコピーするとき、大昔はFTPを使っていましたが、現在FTPサーバー自体を立てることがあまりないため、SSHを使ったSCPコマンドでのファイル点を使いました。 Con …

no image

composer経由でのpearライブラリのインストール

2018年7月現在、PHPのライブラリはほとんどComposer経由でインストールできるかと思いますが、稀にComposerに対応していないものもあり、その場合、pearから取得してくる必要があります …

no image

シェル基礎2

シェルコマンド使い始めて数年たちますが、いまだに知らないことはおおいですし、早く知っとけばよかった的なこともたくさんあります。 そんな小ネタ集を alias よく使うコマンドを別名で登録することができ …

no image

メール送信に関して その2 メールメッセージのデータ形式

前回に引き続き、メールのメッセージ構造について書きたいと思います。 Contents1 大まかな構造2 ヘッダ部2.1 メールアドレス2.2 From/Sender/Reply-To2.3 To/Cc …

no image

PHPMailerに関して(PHPのメール送信)

PHPのMailライブラリに関して。 今までmb_send_mailとかで誤魔化してましたが、以下のようにライブラリで送るケースのサンプル。 https://github.com/umanari145 …