skillup

技術ブログ

JavaScript

AngularJSでのinfite_scroll

投稿日:

今回もAngularネタです。

一般的なデータの一覧画面ではページャーをボタンで移動するのではなく、スクロールするだけで次々とアクセスできるようになるのが一般的でしょう。

facebookやtwitterなどが一般的ですね。

そんなときに使えるのがngInfiniteScrollというライブラリです。

インスト-ル

bowerに下記のように記述してあげればOKです。(2017年6月現在1.3.4が最新です。)

バージョンが古い(具体的には1.0.0以前)場合、後述するような不具合が起こります。

ソース

HTML

JS

説明

非常にシンプルでスクロールをし、スクロール量が画面下に達した時点で読み込みが始まります。

infinite-scroll 実際に発火されるメソッド

infinite-scroll-disabled trueのときはメソッドが発火しません。使いどころとしてはある処理を読み込んでいるときは多重読み込みになってしまうので、読み込みが始まった時点でtrueにし、データを読み込んだ時にはfalseにします。

infinite-scroll-distance スクロールを検知する画面サイズの定義のようです。0の場合ブラウザの底辺になります。

var app = angular.module(“myApp”, [‘infinite-scroll’]).value(‘THROTTLE_MILLISECONDS’, 500);

上記はリクエストが発生し、次のリクエストが発生するまでの最低の間隔です。

これを書かないとスクロールした瞬間に大量のリクエストが発生します。

上記のisLoadingも役に立たななかったです。(最初のリクエストの処理が始まってisLoadingが始まる前にすでに複数のリクエストが呼ばれてしまっている。)

(0.5秒であれば最初の読み込みが始まり、$isLoadingに達成するまでに十分時間がもちます。)

ちなみに1.0.0以降でないと有効にはないっていないのでバージョンには気を付けましょう。

参考リンク

https://sroze.github.io/ngInfiniteScroll/documentation.html
http://qiita.com/kukimo/items/dd55b278a6007a87b771 

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaScriptのexport

JavaScriptのexportについて。 es6の大きなメリットとして、ライブラリをモジュール化して、外部から読み込むことができますが、読み込み方に少し癖があります。 気をつけるポイントとしては、 …

no image

ケース別JavaScriptライブラリまとめ

Webエンジニアとしてはサーバーサイドのプログラムのみならず、JavaScriptをいじることがおおいでしょう。 私自身、昔はわけがわからず大嫌いだったんですが、最近はデバッグが楽なこともあり、結構愛 …

no image

webpackについて再履修2

以前やったこの記事への追記的な意味で。 webpackについて再履修 Contents1 webpack-cli2 gulp-webpackは非推奨3 devtoolでデバッグ可能 webpack-c …

no image

無限スクロールプラグイン infinite scroll

無限スクロールのプラグインについていろいろ調べてきましたが、今回はテーブル形式でなく、通常の無限スクロールができるもの(イメージとしてはtwitterっぽい遷移。) infinte scroollとい …

no image

Promiseを使った非同期処理

今回はPromiseを使った非同期処理について。 JavaScriptでの非同期処理ですが、処理1、処理2があった場合、よく言われるコールバック地獄になってしまいます。うまく関数化すればそうでもない気 …