skillup

技術ブログ

PHP

jenkinsでのPHPのCIに関して

投稿日:

PHPでのjenkinsに関して。

PHPでのjenkinsといっても基本Javaなどと変わらないと思います。

  1. 何らかのトリガーでjenkinsのjobをビルド(一連のタスク)させる
  2. ビルドの内容はソースをpull他はunittest,document,コーディング規約チェックなど

要は上記のことをやるだけかと。

phpの場合、ビルドツールとしてphingというものがあり、これを使用することで複数のタスク(上記のようなテスト、ドキュメント生成、コーディング規約チェック)を一気に行うこともできます。

phingに関して
http://skill-up-engineering.com/?p=2724

jenkins自体にプラグインがあるようですが、力技でやる方法としてはビルド→「シェルの実行」でコンソールで実行する場合のコマンドを書いてしまえばOKです。※パスに注意しましょう。

またjenkins独自の環境変数(例WORKSPACE)などにも慣れておきましょう。

あとは実際にビルドして出力結果をみればOKです。

もちろんphingを使わずともdocumentだけ実行させたい、などの場合でも上記の方法で行けます。

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

eclipseでのPHPソースの扱い方

Contents1 既存ファイルからプロジェクト生成2 PHP5.4以降でコンパイルする3 ctpファイルのシンタックスハイライト 既存ファイルからプロジェクト生成 超小ネタですが、Eclipseです …

no image

エラーハンドリング

エラーが起きた時にPHPだと画面に出ますが(出ない場合は画面が白くなります)、これを検知し、ログに吐いたり任意の処理をできるのがエラーハンドリングです。 フレームワークなどにはほぼこの仕組みが内在して …

no image

メールパーサー(mailparseとphp-mime-mail-parser)に関して

以前、POP3を使ったメール受信というエントリーでメールパーサーをインストールしたんですが、他のライブラリをインストールする機会があったんでメモ。 https://github.com/php-mim …

no image

php-fpmに関して

今回はphp-fpmに関して。会社のサーバー(このブログが載っているサーバー)がこれ使ってて、メモリをやたら消費しており、設定を見直す必要があったので、リサーチ。 Contents1 php-fpmと …

no image

Basic認証のあるページの情報の取得

ひさびさにPHPネタです。 PHPではWEBページを保存するときにfile_get_contents(url)と書いてあげるとHTMLデータを取得できます。 が、Basic認証などのページは当然fal …