skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン 重すぎるOLTP+Date型不統一+データ量想定が甘い

投稿日:

重すぎるOLTP

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

速度を要求されるシステムなのに、遅いためユーザー離脱などにつながる。

対策

  • 早い段階でのプロトタイプでの性能確認(大量データでの性能確認)
  • 業務要件自体が無理
  • 非正規化
  • 実行計画での早期確認
  • 早い段階での集計表作成

DATE型の型の不統一

デメリット

規約が不十分なため、yyyymmddとyyyymmddhhmmssが混じるなど

対策

  • 規約の再定義
  • 時分秒があるときは00:00:00を入れると事故(意図した検索結果が出力されない)の元になる
  • 日付を検索するときは原則、時分秒までいれていいとおもう(個人的には。)
  • check制約を入れるのもあり
  • データベースだけではなく、画面表示なども混乱することが多い(ライブラリなどで統一した表記にしておいたほうがいいかも)

データ量の想定が甘い

デメリット

システム構築後数年たって、データ量が増えすぎ、パフォーマンスが劣化する

いざ削除しようと思っても、削除していいデータかどうかわからず削除ができない

対策

  • データ削除機能(物理削除)を持たせる
  • 概算値でいいので、データの蓄積量を決める
  • 設計段階でのCRUDの意識

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

O/Rマッパー iciqlについて

以前、このブログでも紹介したO/Rマッパーのiciqlについて、使い方や問題点がある程度わかったので書いておきます。 Contents1 インストール2 自動生成3 注意点3.1 Date型のインポー …

no image

MySQLでtext型が大量にあるもののリストア 

MySQLでのリストアについて。 先日実務でtext型のカラムが複数あるテーブルを読もうとしたら下記エラーがでてこけました。

なにやら …

no image

joinとeager loading

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。 自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・ Contents1 通常のjoin2 ループの中で取得 …

no image

アンチパターン 参照渡しと値渡し+キー情報の設定+同一値を複数テーブルに配置+正規化が不十分+集計表+不適切なステータス値

本日は自分がデータベースの設計をしていて気を付かないといけないなーと思った点などを。 注意点としては設計のミスは実装で取り返しにくいことが多いので極力気を付けましょう。あといろいろなテーブルのパターン …

no image

NOT EXISTSの利用2

今回もNOT EXISTSの利用です。 前回の問題にプラスアルファし、列が一緒でないと連続でも意味ない仕様にします。 例えば下記のようなテーブルがあるとします。 seat | row_id | sta …