skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン 重すぎるOLTP+Date型不統一+データ量想定が甘い

投稿日:

重すぎるOLTP

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

速度を要求されるシステムなのに、遅いためユーザー離脱などにつながる。

対策

  • 早い段階でのプロトタイプでの性能確認(大量データでの性能確認)
  • 業務要件自体が無理
  • 非正規化
  • 実行計画での早期確認
  • 早い段階での集計表作成

DATE型の型の不統一

デメリット

規約が不十分なため、yyyymmddとyyyymmddhhmmssが混じるなど

対策

  • 規約の再定義
  • 時分秒があるときは00:00:00を入れると事故(意図した検索結果が出力されない)の元になる
  • 日付を検索するときは原則、時分秒までいれていいとおもう(個人的には。)
  • check制約を入れるのもあり
  • データベースだけではなく、画面表示なども混乱することが多い(ライブラリなどで統一した表記にしておいたほうがいいかも)

データ量の想定が甘い

デメリット

システム構築後数年たって、データ量が増えすぎ、パフォーマンスが劣化する

いざ削除しようと思っても、削除していいデータかどうかわからず削除ができない

対策

  • データ削除機能(物理削除)を持たせる
  • 概算値でいいので、データの蓄積量を決める
  • 設計段階でのCRUDの意識

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 手続き型言語と集合思考の言語

どんな仕事でもそうだと思いますが、長年惰性で使っていると日常の作業はなんとかできてるけど、実は深く理解していない&効率のいいやり方を知らない、ということが結構あります。 私の場合、ちょっと前にCSSを …

no image

JPAでのリレーションに関して

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。 もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規 …

no image

データベースのインデックスについて

今回はデータベースのインデックスに関して。 検索条件を早くする場合、何よりも速度が速くなるのはインデックスを張ることでしょう。 インデックスを張ることは単語を索引順に並べることですので、劇的に速度が向 …

no image

Firebaseでのミニアプリデプロイ

KVS的なDBを使うかもしれず、firebaseの復習をしております。以前、firebaseのサンプルなどちょこちょこ動かしましたが、firebaseに登録をしただけでデプロイまではしておりませんでし …

no image

Postgresの基礎(主にMySQLとの違いなど)

えー来月(2020年3月)より、postgresを使うかもしれないので、ちょっと復習を。 Contents1 以前のリンク2 基本コマンド比較2.1 超頻出系3 テーブル比較4 SELECT文5 do …