skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン 重すぎるOLTP+Date型不統一+データ量想定が甘い

投稿日:

重すぎるOLTP

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

速度を要求されるシステムなのに、遅いためユーザー離脱などにつながる。

対策

  • 早い段階でのプロトタイプでの性能確認(大量データでの性能確認)
  • 業務要件自体が無理
  • 非正規化
  • 実行計画での早期確認
  • 早い段階での集計表作成

DATE型の型の不統一

デメリット

規約が不十分なため、yyyymmddとyyyymmddhhmmssが混じるなど

対策

  • 規約の再定義
  • 時分秒があるときは00:00:00を入れると事故(意図した検索結果が出力されない)の元になる
  • 日付を検索するときは原則、時分秒までいれていいとおもう(個人的には。)
  • check制約を入れるのもあり
  • データベースだけではなく、画面表示なども混乱することが多い(ライブラリなどで統一した表記にしておいたほうがいいかも)

データ量の想定が甘い

デメリット

システム構築後数年たって、データ量が増えすぎ、パフォーマンスが劣化する

いざ削除しようと思っても、削除していいデータかどうかわからず削除ができない

対策

  • データ削除機能(物理削除)を持たせる
  • 概算値でいいので、データの蓄積量を決める
  • 設計段階でのCRUDの意識

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 条件式はunionよりもcaseで

複雑な条件式があったときにcase式を使うことでパフォーマンスを向上させることができます。 ※一般にunionを使うよりも高速なことが多い。 例1 ある条件により別の列を使いたいとき、 [crayon …

no image

データベースの権限設定

データベースを作成するときに

と入力していますが、ほぼ機械的にこれを売っているのでこれを機にどんな使い方があるのかを調べてみました。 …

no image

大規模Webサービス技術入門 DBの分散

前回に引き続き、大規模サービスを運用するときに必要になるMySQLの知識についてのまとめ Contents1 テーブル・SQL設計2 レプリケーション機能3 パーティショニング テーブル・SQL設計 …

no image

DBの構造について メモリとHDD

データベースについてまたまた学習中。 覚えておきたいポイントなど。 データを収めておくべき媒体では「記憶コスト(単位金額当たりの容量)」と「アクセス速度」の2つが重要なパラメータ メモリとHDDでは前 …

no image

フィールド以外のプロパティをエンティティに持たせる

JPAでは基本的に1テーブル、1クラスです。 このためプロパティは必然的にテーブルのフィールドに対応しています。 ただ、必ずしもプロパティだけでなく、臨時で持たせておきたい、プロパティがあったりします …