skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン リトライ+バッチ分割+バッチの再利用不可

投稿日:

リトライ

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

リトライが繰り返し発生することによる負荷の増大。サーバー再起動以外で切り抜けられないことが多い。

対策

  • リトライ回数の上限設定
  • 負荷の考慮
  • タイムアウト制限時間の考慮

バッチ分割

デメリット

トランザクションが長すぎて、最後のほうでエラーになる。バッチが途中でエラーになったが中途半端にデータが更新されてしまっている。

対策

  • 処理分割をきっちり行う
  • 例外に対する認識を常に持っておく
  • バッチの適切な分割(基本的にはワントランザクションで対処したほうがいいが、長すぎるのも危険)。
  • 不用意なautocommitをしない
  • リソースの監視
  • 再実行のことを考えた分割にしておく

バッチ再利用不可

デメリット

エラーが発生しても失敗したところから再実行できない。バッチ中に初期化やクリアの処理が入っていない

対策

  • 例外に対する認識を必ず持っておく
  • 処理が正常に進んでいるか否か、プロセス的なログ、テーブルの用意
  • 適切な分割

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JPAでの多対多のリレーション

以前、このエントリーでJPAのリレーションについて説明しました。 今回は多対多について説明します。 Contents1 テーブル構成2 ソース2.1 CDのエンティティ2.2 Artistのエンティテ …

no image

MYSQL group_concat,cast等

実務でいろいろとトラブルがあり、データベースから在庫データを見てくれ~なんて依頼がありましたんでSQLをごりごり書いていたんですが、普段使わないようなSQLの構文を使ったのでここでちょっと紹介します。 …

no image

データベースによるテストデータ作成

テスト環境を作る際に、テストデータを作るのが面倒・・・なんかライブラリでもないかな・・と思っていたんですが、MySQLでいろいろと簡単にできます。 数字 [crayon-5bc4d5fee33cf50 …

no image

アンチパターン データ分身の術+DBの不要な連携+バージョンアップ未テスト

今回のアンチパターンは主にデータ設計に関する部分。 Contents1 同一データの使用1.1 デメリット1.2 対策2 DBの不要な連携2.1 デメリット2.2 対策3 サーバーの移行やバージョンア …

no image

SQLにおけるナンバリング

本日はナンバリングに関して。 MySQLを使っていますと各テーブルにはid int not null auto_increment primary keyなどと打って主キーを打つことがほぼ習慣になって …