skillup

技術ブログ

Database

データベース設計のアンチパターン リトライ+バッチ分割+バッチの再利用不可

投稿日:

リトライ

※OLTP=オンライントランザクションシステム(多数の端末から中央のデータベースにアクセスするタイプのシステム)

デメリット

リトライが繰り返し発生することによる負荷の増大。サーバー再起動以外で切り抜けられないことが多い。

対策

  • リトライ回数の上限設定
  • 負荷の考慮
  • タイムアウト制限時間の考慮

バッチ分割

デメリット

トランザクションが長すぎて、最後のほうでエラーになる。バッチが途中でエラーになったが中途半端にデータが更新されてしまっている。

対策

  • 処理分割をきっちり行う
  • 例外に対する認識を常に持っておく
  • バッチの適切な分割(基本的にはワントランザクションで対処したほうがいいが、長すぎるのも危険)。
  • 不用意なautocommitをしない
  • リソースの監視
  • 再実行のことを考えた分割にしておく

バッチ再利用不可

デメリット

エラーが発生しても失敗したところから再実行できない。バッチ中に初期化やクリアの処理が入っていない

対策

  • 例外に対する認識を必ず持っておく
  • 処理が正常に進んでいるか否か、プロセス的なログ、テーブルの用意
  • 適切な分割

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

集合としてのSQL

今まで何度かSQLが集合ということを扱ってきました。 今回はそれがよくわかる例を。 実務ではあまりないと思うのですが、集合をイメージしやすい例題として、2つのテーブルが全く同じケースを考えます。 下記 …

no image

SQL基礎 case式について

case式に関して。 集約系の関数では複雑な処理を一気に行うことができる。 case式は1列のみ有効。複数の列に対して行うことはできない。 case ~ when ・・・thenではwhenが評価され …

no image

第二、第三の正規化&ER図&Check制約

前回第一正規化を話したので、第二、第三に進んでいきます。 Contents1 第二正規化とは?2 第三正規化とは?3 正規化のメリット4 ER図5 本日のSQLネタ Check制約 第二正規化とは? …

no image

EXISTSについて

今回はEXISTSについてです。 実務では伝票と明細との検索関連の処理で結構出てきます。 なお、達人に学ぶ~では論理学について少しふれており、この領域を本気で理解する場合は論理学を勉強する必要がありま …

no image

SQL問題

今までやったSQL問題などのまとめ。定期的にやる予定です・・ 自分用なのでテーブルデータとかあったりなかったりいい加減です(汗) SQLドリル 問題1 nameとageで構成されたテーブルがあるとして …