skillup

技術ブログ

Database

アンチパターン バインド変数の未使用+直積組み合わせ+データ量爆発+インデックス関連

投稿日:

本日はSQLコーディングに関して。

ここら辺は実際にプログラムを書く際に重要になってくるネタ。

バインド変数

SQLでプリペアードステートメントを書くのではなく、生のSQLをそのまま書いてしまう手法。

デメリット

  • 実行計画をSQLを書くたびに作成することになるので、負荷が高くなり、性能が落ちる
  • SQLインジェクション

対策

  • バインドするようにプログラムを書き換える
  • 特に発行頻度が高い(ループ内部など)と思われるところを優先的に書きなおす
  • 例外的なケースとしてはフラグ系のところはそれほど影響がない(決め打ちのデータならば処理量は増えないため)

直積により組み合わせが爆発する

SQLの自己結合や外部結合は基本的にはレコードをすべて掛け算するような作りになっている。そのため、結合条件を忘れ、組み合わせが増えすぎてしまうこともある。

結合はループをしていると考える。

デメリット

  •  データ量が増えるにつれ、負荷が高くなり、影響度が多くなる
  • 特定のSQL(組み合わせが多すぎる)のみCPU負荷が大きくなる

対策

  • 結合条件の見直し(結合は基本的にはループと同列に考える。そのためまずはカーディナリティが大きいものから結合したほうが早くなる)
  • 実行計画要チェック

データ量の爆発(インデックスが不適切)

インデックスが不適切に張られていた場合、フルスキャンを行わなくてはならなくなり、スピードが落ちる。特にデータ量が増えたときに影響が顕著。実行計画への理解も必要

デメリット

  • サービスを開始してしばらくしてから特に影響が大きくなる
  • CPU使用率が100%になっている
  • 単純に遅い

対策

  • 性能テストを早い段階でしておく(大量データでのテストが必要)
  • 実行計画を確認し、SQLが適切かどうかの確認を行う

インデックスの貼りすぎ

インデックスを張りすぎると、更新系の作業で非常に時間がかかることになる

デメリット

  • 検索は早いが、データ更新作業で時間がかかることになる

対策

  • インデックス数に関する制限数を行う
  • 正規化されていない列数が多い
  • 大量更新系のテストをしていない
  • 検索が中心になるテーブルの場合は、インデックスを張ることを優先してOKにする

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

フィールド以外のプロパティをエンティティに持たせる

JPAでは基本的に1テーブル、1クラスです。 このためプロパティは必然的にテーブルのフィールドに対応しています。 ただ、必ずしもプロパティだけでなく、臨時で持たせておきたい、プロパティがあったりします …

no image

SQLで数列を扱う

今回はSQLで数列を扱ってみましょう。 例えば下記のような0から9までの数字が書かれている数列があったとして、 これにより連番を作成してみましょう。 digit ——- 0 1 …

no image

CASE式のすすめ

SQL実践入門を7割がたぐらい終えたところで同著者の方の「達人に学ぶSQL徹底指南書」を学習しようと思っています。 この方の著書は気づいたら結構読んでましたね。 Contents1 CASE式での注意 …

no image

SQL基礎 ウィンドウ関数

SQLの基礎(主にSELECT)を whereはレコードに対しての集計、havingはレコードの集合に対しての集計 ビューは一時的なselect文なのでサブクエリとほぼ等価 条件分岐で出力項目を変えた …

no image

mysqlデータのCSV出力

ガチンコ塾のブログでもかいたのですが、行動力が大切だなーと思う今日この頃。 社長が熟練のJavaエンジニアで基本的に聞けば、基本的に解決することが多いのですが、外部の勉強会などにも出て情報収集の必要性 …