skillup

技術ブログ

Database

エンティティの抽出と主キー決定

投稿日:

主に設計に関することのメモ。

業務フロー分析

顧客の業務フローがどのように動いているのかを図で確認する。

使えそうと思った図式化の手法は下記のようなもの

  1. まずやることを業務順に箇条書きにする。
  2. 実行順番と実行者がわかりやすいようにアクティビティー図にする。
  3. のちにエンティティを抽出したあとER図を作成する。

エンティティの抽出

業務フローの中で扱われる実態のあるリソース(顧客・社員・商品など)やイベント(入荷、出荷、注文)を抽出する。またイベントの履歴(購買履歴、在庫履歴)のようなサマリー系といわれるデータも存在する。

エンティティの関連付け

わかりやすいように可視化する。一般にイベントエンティティの上にリソースエンティティを書いたほうがわかりやすい。

ここで1:nなどの関連付けを行う。

主キーの抽出を行う

インスタンスをユニークに識別する値のこと。

主キーの特徴

  • 値が不変
  • 桁数がなるべく短い
  • 複合した場合でも多くはならない(5つ以下)
  • 必ず存在する(NULLにならない)

一般的には複数の主キーを使う、複合主キーが多いため、いわゆるauto_incrementタイプの自動で附番されるidをサロゲートキー(代理キー)といい、これが使われるケースが多い。

できれば自然に存在しているデータで主キーを考え、やむを得ずコードやidなどを考えるべき。コードなどは自動採番などではなく意味を込めて作ることができれば望ましい。JANコードはそういうつくり。(理想論かもしれないが・・・)

複合主キーをそのまま使うか、あるいは複合主キー的なキーを作る(ようはJANコードの容量)ことも考慮に入れること。

またサロゲートキーは以下のようなメリットとデメリットを覚えておく必要がある。

サロゲートキーのメリット

  • 結合を使うSQLが比較的簡単になる
  • テーブル間の依存度が薄くなる(複合主キーの場合、もし増えると別のテーブルにも影響度がでる)
  • 3により比較的業務変更に強い
  • データを特定するのがカンタン(複合主キーは煩雑)

サロゲートキーのデメリット

  • 業務と無関係のキーが増える
  • 容量が増える

個人的には一般的なテーブルではサロゲートキーを使って、関連テーブルなどの中間テーブルはナチュラルキーなのかな。。と思ってます。

参考リンク

http://dbflute.seasar.org/ja/manual/topic/dbdesign/surrogatekey.html

https://amg-solution.jp/blog/8980

http://qiita.com/jkr_2255/items/5a71ff5f8569c5e0f24d

http://mycode.snow69it.net/915/

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 case式について

case式に関して。 集約系の関数では複雑な処理を一気に行うことができる。 case式は1列のみ有効。複数の列に対して行うことはできない。 case ~ when ・・・thenではwhenが評価され …

no image

MySQLの大文字、小文字問題について

MySQLでテーブルを作る際にカラムに重複を許さない制約(unique)を振ることがあると思います。 数字の場合は問題ないのですが、文字列の場合、なんと英語の大文字と小文字が区別されません。 つまりa …

no image

sql_modeに関して

開発では動いていたのに本番ではint型のカラムで空白が入らない!みたいなエラーが出て、データベースにデータが入らないことが発覚し、調査をすることに・・・ sql_modeが原因でした・・・ sql_m …

no image

DBUtils活用 その2

以前DBUtilsの活用を書きましたが、他の使い方がわかったのでメモ 以前はSelectでList<エンティティ>を取得したのですが、List<Map>でも取得できます。 ソー …

no image

JPAでのリレーションに関して

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。 もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規 …