skillup

技術ブログ

Database

アンチパターン 連鎖倒産+エラー監視+データのバックアップ

投稿日:

本日は主にインフラの設計的なことに関して。

連鎖倒産

いい言い方が思いつかなかったんでこんな感じにしました(汗)要はあるサーバーのレスポンスが悪いことが原因で他の業務が遅延し、影響を受けることです。

デメリット

  • 重要でないちょっとしたサービスの停止で他のシステムが止まる、などということが起こる
  • あるシステムがハングし、適切なエラーを返さないため、いつまでも応答を待ってしまう

対策

  • エラー時の対策、障害テスト。基本正常系を前提としないこと
  • 受け取るだけ受け取って、そのトランザクションは一旦終わりにし、その後の処理は別のトランザクションで行う(キューイング)
  • 同期と非同期を分けること
  • 基本マイナス思考(どこかしらでシステムが落ちる、失敗する)で考えること(汗)
  • 他のAPIなどを使っている場合も要注意。

エラー監視

正常に稼働しているかどうかの確認。

デメリット

  • 異常時の検知(サーバーの死活だけでなく、ユーザー権限なども注意)が遅れる
  • バッチ時の処理などすぐにはわからないもの

対策

  • 人間の注意力を過信しすぎないこと
  • 監視ツールでのテンプレートを参考にする
  • DB構築の中のプロセスの1つに入れる

データのバックアップ体制

バックアップをしていない。障害への対策が弱い

デメリット

  • いざというときに欲しいときにデータが得られない

対策

  • リカバリについてフルバックアップ(いわゆる全データのバックアップ)以外にも差分バックアップなどの方法に熟知しておく
  • DB構築時の手順書の中などにバックアップの考えを入れておく
  • やや別件だが障害対策時はてんぱっていることが多いので、処理をその場で考えずフローを書いておき頭から実行するのが良い

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データベース設計のアンチパターン 複数表結合,大作SQL,Blob型の乱用

データベースのアンチパターンに関して。 以前下記ブログでも書いたんですが設計のスキルに関してもう少し身に着ける必要があるとおもい、チェックします。 論理設計のグレーノウハウ サロゲートキー 論理設計の …

no image

JPAを使用する  JavaSE編

現在の開発ではデータベースへの接続ではJPAを使っています。このJPAがなかなか曲者でいろいろと詰まることがありましたので解説させていただきます。 Contents1 JPAとは?1.1 メリット1. …

no image

SQLのチューニングに関して

ここ2か月ぐらいはSQLの本でがりがり勉強してきましたね。当然復習も必要かと思いますが、だいぶいろんなことを覚えたなあという気がします。 一番勉強になった本はもちろん「達人に学ぶ SQL徹底指南書」と …

no image

複数GROUP BYでの注意

GROUP BYしたときに件数が増えるという現象があったので一応メモ。というか当たり前のことですが・・・ たとえば以下のようなテーブルがあったとします。 student id student_name …

no image

エンティティの抽出と主キー決定

主に設計に関することのメモ。 Contents1 業務フロー分析2 エンティティの抽出3 エンティティの関連付け4 主キーの抽出を行う4.1 主キーの特徴4.2 サロゲートキーのメリット4.3 サロゲ …