skillup

技術ブログ

デザイン

sassについて

投稿日:2017年9月9日 更新日:

以前ちょろっと勉強していたことはあるんですが、仕事で使うことになりそうなんで復習。

sassとは

一言でいうとCSSをプログラミングのように書ける言語です。具体的には下記のようなことができます。

  • 変数、配列や条件分岐、繰り返しなどを使うことができる
  • ネストによりCSSの階層構造や継承を表記できる
  • テンプレート化したものを読み込んだりなどもできる
  • もちろん生のCSSを使うこともきます。

cssも保守するの結構大変ですもんね・・

インストール&コンパイル

前提としてruby(とgem)がインストールされていないと動きません。

ruby(とgem)がインストールされていれば下記コマンドで一発インストールできます。

あとはsassの記法により、~.scssというファイルをつくり、下記コマンドで一気にcssファイルを作れます。

またnodeをインストールしたあと使うこともできます。

一般的な記法など

sample.scss

そして上記のファイルをコンパイルすると下記のようなcssができあがります。

sample.css

参考リンク

CSSの常識が変わる!「Compass」の基礎から応用まで!
※タイトルはcompassですがsassの説明も含まれています。

-デザイン
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

vertical-alignの挙動に関して

cssでの中央ぞろえを行う場合、横は案外簡単なんですが、縦の中央ぞろえは結構難しかったりします。 css中央ぞろえ ざっとまとめると以下のようなかんじでしょうか。 テキストのみの1行タイプであればli …

no image

CSSのブロックとインライン、レイアウトについて

今回はCSSを組む時のブロックレベルとインラインの基本とレイアウトに関して。 Contents1 ブロックレベルとインライン1.1 ブロックレベル要素1.2 インライン要素1.2.1 参考リンク2 レ …

no image

キャッチ画像の扱いについて

今さらながらですが、サイトのトップなどに貼り付けるメインビジュアル系の画像の処置について。 スマホサイトオンリーだとあまり考えなくてもいいかもしれませんが、PCやレスポンシブの場合、ブラウザの幅が伸縮 …

no image

レスポンシブデザインの作成ポイント

本日はレスポンシブデザインの表現方法について。 スマホでは何も指定しなければブラウザはウェブサイトの幅が980pxと仮定しています。 要は通常の980px分をそのままiPhoneの画面に収まるよう縮小 …

no image

CSSはまりやすいポイント ※随時更新予定

CSSにてよく確認するのネタに関して Contents1 中央寄せ2 命名3 テーブル 中央寄せ vertical-alignを指定できるのは「インライン要素」と「テーブルセル」だけ text-ali …