skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ExcelVBAでの他のアプリの起動

投稿日:

2日続けてExcelVBA。

やはり細かく分けてすぐにプロシージャごとにテストできるのはものすごく大きなメリットですね。本日は別のアプリ起動と操作に関して。

自分がやったことはWordとメモを起動してファイルパスを渡し、印刷設定をして、一括印刷、ということなんですが、別アプリだけに起動や操作が大変。

とりあえずの起動

メモ帳

下記コマンドで実行します。

ステータスにあたるものは起動したときの表示(最大化や最小化など)方式などの違いによるものです。詳しくはリンクを。

shell関数に関して

Word

操作

Wordはそのままコマンドがあったりするのですが(おそらくは同じMicrosoftなので共通の処理ができることを前提としているのでしょう。)、メモ帳に関しては完全に別のソフトになりますので、直接メソッドなどで命令をすることができません。

今回行いたかったのは印刷の細かい設定なので、直接制御するためには印刷設定のプロパティをいじらないといけません(両面印刷などの)。ただWindowsの印刷設定の細かい情報は見つけられなかったので今回私がとった方法はキー操作自体をExcelVBAにさせるということですね。※SendKeysという命令です。

SendKeysステートメント その1

SendKeysステートメント その2

要するにTABキーを2回おして、そのあとスペースを押すとか、そういう処理をExcelにさせるようにしました。

この方法は結構不安定で、以下のような欠点があります。

  1. ある動作が終わり切らないうちに次の動作が起こってしまうと、次の動作は当然受け付けられない。(SendKeysはコマンドの実行であって処理が終わったかは分からないからです。)
  2. イレギュラーなイベント(印刷中に紙がなくなって別のポップアップが上がってしまい、アクティブになる)

上記のような欠点がありますが、1に関してはもう実際に動かして重そうな処理は下記コマンドで待つようにしました。

アプリケーションを起動し動作させる 《Shell・SendKeys・Wait》

2に関してはこういったイベントを検知できるのか、いなかの調査をいまだしています。

何とか正常処理をされたという記録がとれればいいのですが、それができない場合、マクロ自体を強制終了させるしかなさそうですね・・・

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向について その3

今回は場合分けによる変更コストとオブジェクト指向のメリットについてです。 例えば給付金が発生して、その金額を死亡時、退職時、通常時で場合分けするとき、if-elseで書けば下記のようになります。 [c …

no image

命名規則について その2

リーダブルコードネタ第3段。 前回のエントリーに引き続き、名称の大切さについて Contents1 あいまいな名前はNG!1.1 限界値はmaxかminを使う1.2 範囲を指定するときはfirstとl …

no image

テストのダミーデータ作成

データベースに大量のデータを作りたいときにいつもあああやhoge,aaaですとデータという感じがしないですし、抽出や集計ができません。 なるべく自然に近いデータが欲しいのですが、簡単に作れる方法があり …

no image

ExcelVBAに関して(主にプロシージャ)

いつも半年ごとぐらいに触っていてあまり知識が蓄積しないので(汗)これを機につまづいたところをちょっとメモ。 Contents1 基本2 メモ3 参考リンク 基本 基本的な変数の代入や条件分岐、ループな …

no image

フォームの処理について

本日はフォームの処理に関して。主に一覧検索画面のフォームについてです。 フレームワークでフォームの処理をする場合、変数の初期値やバリデーションなどをあらかじめ読み込むオブジェクトを設定しておき、変数が …