skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ExcelVBAでの他のアプリの起動

投稿日:

2日続けてExcelVBA。

やはり細かく分けてすぐにプロシージャごとにテストできるのはものすごく大きなメリットですね。本日は別のアプリ起動と操作に関して。

自分がやったことはWordとメモを起動してファイルパスを渡し、印刷設定をして、一括印刷、ということなんですが、別アプリだけに起動や操作が大変。

とりあえずの起動

メモ帳

下記コマンドで実行します。

ステータスにあたるものは起動したときの表示(最大化や最小化など)方式などの違いによるものです。詳しくはリンクを。

shell関数に関して

Word

操作

Wordはそのままコマンドがあったりするのですが(おそらくは同じMicrosoftなので共通の処理ができることを前提としているのでしょう。)、メモ帳に関しては完全に別のソフトになりますので、直接メソッドなどで命令をすることができません。

今回行いたかったのは印刷の細かい設定なので、直接制御するためには印刷設定のプロパティをいじらないといけません(両面印刷などの)。ただWindowsの印刷設定の細かい情報は見つけられなかったので今回私がとった方法はキー操作自体をExcelVBAにさせるということですね。※SendKeysという命令です。

SendKeysステートメント その1

SendKeysステートメント その2

要するにTABキーを2回おして、そのあとスペースを押すとか、そういう処理をExcelにさせるようにしました。

この方法は結構不安定で、以下のような欠点があります。

  1. ある動作が終わり切らないうちに次の動作が起こってしまうと、次の動作は当然受け付けられない。(SendKeysはコマンドの実行であって処理が終わったかは分からないからです。)
  2. イレギュラーなイベント(印刷中に紙がなくなって別のポップアップが上がってしまい、アクティブになる)

上記のような欠点がありますが、1に関してはもう実際に動かして重そうな処理は下記コマンドで待つようにしました。

アプリケーションを起動し動作させる 《Shell・SendKeys・Wait》

2に関してはこういったイベントを検知できるのか、いなかの調査をいまだしています。

何とか正常処理をされたという記録がとれればいいのですが、それができない場合、マクロ自体を強制終了させるしかなさそうですね・・・

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

1度に1つのことを

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。 要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。 そのための手法として下記のようなことを上げています。 コードが行っているタスクをすべて …

no image

Eclipseのシンタックスハイライト

先日PCがクラッシュした時にEclipseを入れなおしたんですが、普段あまり意識せずに使っていたのでhtmlのシンタックスハイライトをだすためだけに2時間ぐらい費やしました・・・自戒の意味も込めてメモ …

no image

Webの高速化に関して

Webの高速化に関してメモ。 高速化って言っても幅広いんですけどね。自分が行なっている対策に関して。 一応LAMP環境を前提にしてます。 Contents1 一番大事なのは測定2 DB対策3 フロント …

no image

読みやすいコードについて

コードリーディングにおいて聖典となっているリーダブルコードについて読んでいこうかと。 ただ読んでいくだけではつまらないので、自分なりの考え方も書いていきます。 Contents1 優れたコードの定義1 …

no image

制御フローについて

リーダブルコード 7章。制御フロー(if文などの条件分岐)について ここらへんは個人個人癖がついているとおもいますが、確かに読みやすい、読みにくいというのはあるのでなるべく汎用性のある規則を身につけた …