skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ExcelVBAに関して(主にプロシージャ)

投稿日:

いつも半年ごとぐらいに触っていてあまり知識が蓄積しないので(汗)これを機につまづいたところをちょっとメモ。

基本

基本的な変数の代入や条件分岐、ループなどはあまり迷わないのでちょっと省略させていただきます。主にプロシージャ関連について。

ExcelVBAでは基本的にプロシージャという単位で処理を呼び出します。プロシージャの塊がモジュールです。

JavaやPHPでたとえるとプロシージャ=メソッド、モジュール=クラスみたいなものっぽいです。

また変数の定義はDim 変数名 as 型で表記。通常通り、データをいれてあげればOKですが、オブジェクト(よく使いそうだなーと思うのはコレクション)は動きが若干異なり、Set コレクション = new Collectionが必要になります。

ちなみにすべてのプロシージャの上に変数を置くとグローバルな変数(or 定数になります。)

ちなみに外部からプロシージャを呼び出したいときは下記のようにCallをつけて呼び出します。※つけなくても呼べるようですがわかりやすさのためにつけたほうがいいようです。

呼び出される側は変数を定義し、値渡しか参照渡しかを定義できます。

ちなみに戻り値がほしい場合はモジュールをFunctionプロシージャにする必要があります。

またメソッドの最後にプロシージャの名前 = 対象の変数としなければいけません。またオブジェクトの場合は戻り値を取得するときもSet ~というメソッドが必要になります。

オブジェクトでなければSetという文字は必要ありません。

メモ

  • 開発画面でモジュールの部分でカーソルが当たっているときに実行を押すとその部分のモジュールのテストが始まる。モジュールごとにテストができる点はかなりありがたいですね。
  • まだあまり使っていませんが、ブレークポイントを使ったステップ実行やウォッチウィンドウ(特定の変数を監視して値を出力してくれる)はデバッグにかなり使えそうです。
  • オブジェクトの使い方にかなり癖があり、ここが結構ハマりました。ここは最初、ちょっと難所かと思います。
  • ちなみにデバッグは直接Cellに出してあげてもいいですが、Debug.Printを使ってイミディエイトウィンドウを使っても観ることができます。

参考リンク

昨日までJavaJavaしてた人がいきなりExcelのVBAを実装する羽目になったときのためのメモ

タイトルからはわかりにくいですが、まとめてきな記事で必要なことがほぼ網羅されてます。

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

変数の役割について

前回のエントリーの主眼は変数を置くことで、適切な情報量に分割し、コードを読みやすくしよう、ということでした。 今回はそれとは少し逆の観点でして、不要な変数を削除して、コードを読みやすくしよう、というこ …

no image

便利すぎる道具の弊害

現在、Javaのプロジェクトでは会社でNetbeansを使っていますが、IDEを使っているばっかりに理解できていないところがありました。便利すぎる道具の弊害ですね・・・ IDEについて一応説明をしてお …

no image

ミスを少なくする工夫について

プログラマであればだれもが「いかにバグを少なくするか」に腐心すると思います。 ところが、人間がある以上、バグ(ミス)は絶対にゼロにはなりません。バグ云々以前に、「人間はもともとミスをする生き物だ」とい …

no image

1度に1つのことを

今回のリーダブルコードの概念はやや抽象的。 要は一度に行うタスクは1つにする、というところがポイントになります。 そのための手法として下記のようなことを上げています。 コードが行っているタスクをすべて …

no image

コメントについて

リーダブルコード 第5・6章はコメントについて。 今回はコメントです。ここは結構賛否両論になるところではないかと思います。 ざっくり分けると「できるだけコメントは詳しく書くこと」という意見と「コメント …