skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ExcelVBAに関して(主にプロシージャ)

投稿日:

いつも半年ごとぐらいに触っていてあまり知識が蓄積しないので(汗)これを機につまづいたところをちょっとメモ。

基本

基本的な変数の代入や条件分岐、ループなどはあまり迷わないのでちょっと省略させていただきます。主にプロシージャ関連について。

ExcelVBAでは基本的にプロシージャという単位で処理を呼び出します。プロシージャの塊がモジュールです。

JavaやPHPでたとえるとプロシージャ=メソッド、モジュール=クラスみたいなものっぽいです。

また変数の定義はDim 変数名 as 型で表記。通常通り、データをいれてあげればOKですが、オブジェクト(よく使いそうだなーと思うのはコレクション)は動きが若干異なり、Set コレクション = new Collectionが必要になります。

ちなみにすべてのプロシージャの上に変数を置くとグローバルな変数(or 定数になります。)

ちなみに外部からプロシージャを呼び出したいときは下記のようにCallをつけて呼び出します。※つけなくても呼べるようですがわかりやすさのためにつけたほうがいいようです。

呼び出される側は変数を定義し、値渡しか参照渡しかを定義できます。

ちなみに戻り値がほしい場合はモジュールをFunctionプロシージャにする必要があります。

またメソッドの最後にプロシージャの名前 = 対象の変数としなければいけません。またオブジェクトの場合は戻り値を取得するときもSet ~というメソッドが必要になります。

オブジェクトでなければSetという文字は必要ありません。

メモ

  • 開発画面でモジュールの部分でカーソルが当たっているときに実行を押すとその部分のモジュールのテストが始まる。モジュールごとにテストができる点はかなりありがたいですね。
  • まだあまり使っていませんが、ブレークポイントを使ったステップ実行やウォッチウィンドウ(特定の変数を監視して値を出力してくれる)はデバッグにかなり使えそうです。
  • オブジェクトの使い方にかなり癖があり、ここが結構ハマりました。ここは最初、ちょっと難所かと思います。
  • ちなみにデバッグは直接Cellに出してあげてもいいですが、Debug.Printを使ってイミディエイトウィンドウを使っても観ることができます。

参考リンク

昨日までJavaJavaしてた人がいきなりExcelのVBAを実装する羽目になったときのためのメモ

タイトルからはわかりにくいですが、まとめてきな記事で必要なことがほぼ網羅されてます。

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

エラーレポーティングサービス Sentryについて

リリースした後、運用段階に入ると定期的にバグ報告が上がってきます。 本来はリリース前に研修テストをすべきなんですが、そんな余裕ないことも多い(汗) で、そんな時に大事なのが エラーを気づけること 対処 …

no image

データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ

前回の続きです。 前回は配列、連結リストについて学習したので今回はハッシュについて学習します。 Contents1 ハッシュとは?1.1 メリット1.2 デメリット ハッシュとは? key-value …

no image

コレクションの頻出処理に関して

PHPでコレクションを使っていますが、慣れると本当に便利ですね・・・まあforeachとかでグリグリやってもいいのですが、無駄にコードが長くなります。 自分がコレクションでよく使う再頻出のメソッドなど …

no image

オブジェクト指向 データベース層

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にデータベース層の考え方について。 Contents1 データべース層1.1 要点1.1.1 典型的なダメテーブル設計1.1 …

no image

トランザクショントークンについて

フォーム画面で入力を行うときにはPOSTでデータを受け取ってエラーチェックしたり、データベースに入力をしたりします。 ただその時に何も考えずに安易に送信→受信の際に以下のようなトラブルがあり得ます。 …