skillup

技術ブログ

プログラミング全般

ExcelVBAに関して(主にプロシージャ)

投稿日:

いつも半年ごとぐらいに触っていてあまり知識が蓄積しないので(汗)これを機につまづいたところをちょっとメモ。

基本

基本的な変数の代入や条件分岐、ループなどはあまり迷わないのでちょっと省略させていただきます。主にプロシージャ関連について。

ExcelVBAでは基本的にプロシージャという単位で処理を呼び出します。プロシージャの塊がモジュールです。

JavaやPHPでたとえるとプロシージャ=メソッド、モジュール=クラスみたいなものっぽいです。

また変数の定義はDim 変数名 as 型で表記。通常通り、データをいれてあげればOKですが、オブジェクト(よく使いそうだなーと思うのはコレクション)は動きが若干異なり、Set コレクション = new Collectionが必要になります。

ちなみにすべてのプロシージャの上に変数を置くとグローバルな変数(or 定数になります。)

ちなみに外部からプロシージャを呼び出したいときは下記のようにCallをつけて呼び出します。※つけなくても呼べるようですがわかりやすさのためにつけたほうがいいようです。

呼び出される側は変数を定義し、値渡しか参照渡しかを定義できます。

ちなみに戻り値がほしい場合はモジュールをFunctionプロシージャにする必要があります。

またメソッドの最後にプロシージャの名前 = 対象の変数としなければいけません。またオブジェクトの場合は戻り値を取得するときもSet ~というメソッドが必要になります。

オブジェクトでなければSetという文字は必要ありません。

メモ

  • 開発画面でモジュールの部分でカーソルが当たっているときに実行を押すとその部分のモジュールのテストが始まる。モジュールごとにテストができる点はかなりありがたいですね。
  • まだあまり使っていませんが、ブレークポイントを使ったステップ実行やウォッチウィンドウ(特定の変数を監視して値を出力してくれる)はデバッグにかなり使えそうです。
  • オブジェクトの使い方にかなり癖があり、ここが結構ハマりました。ここは最初、ちょっと難所かと思います。
  • ちなみにデバッグは直接Cellに出してあげてもいいですが、Debug.Printを使ってイミディエイトウィンドウを使っても観ることができます。

参考リンク

昨日までJavaJavaしてた人がいきなりExcelのVBAを実装する羽目になったときのためのメモ

タイトルからはわかりにくいですが、まとめてきな記事で必要なことがほぼ網羅されてます。

-プログラミング全般

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向について その3

今回は場合分けによる変更コストとオブジェクト指向のメリットについてです。 例えば給付金が発生して、その金額を死亡時、退職時、通常時で場合分けするとき、if-elseで書けば下記のようになります。 [c …

no image

Webの高速化に関して

Webの高速化に関してメモ。 高速化って言っても幅広いんですけどね。自分が行なっている対策に関して。 一応LAMP環境を前提にしてます。 Contents1 一番大事なのは測定2 DB対策3 フロント …

no image

テストコードの考え方

一般的なプログラマにとって日々の業務で何がいやかというと、 理不尽な納期 むちゃくちゃな仕様変更 頻発するバグ・不具合 であることは異論がないでしょう。仕様変更や納期などは自分で何とかしがたい部分もあ …

no image

オブジェクト指向 値オブジェクトの活用と場合分けに関して

オブジェクト指向 その1 オブジェクト指向 その2 オブジェクト指向 その3 でオブジェクト指向に触れたんですが、基本から勉強しなおす必要があると思い、まとめ&追記 参考文献 現場で役に立つシステム設 …

no image

Excelでのテストデータ作り

ExcelVBAでテストデータを作るときに役に立った関数などを紹介させていただきます。 user_id time 2143 2017/1/16 3:35 6724 2017/1/2 6:05 4528 …