skillup

技術ブログ

PHP

PHPでのデバッグ

投稿日:2017年11月16日 更新日:

基本的なことですが、PHPのdebugについておさらいを。

一般的なデバッグツール

var_dump

非常に基礎ですが、一番よく使います。print_rを使う方もいるようですが、こちらのほうがわかりやすいかと。

画面に出すときに改行されていないため、ディフォルトではわかりにくいですが、

  1. ブラウザのツールでHTML要素をみる
  2. preタグで囲む

と改行されてみやすくなっています。

xdebug

関数ではありませんが、これを使うと、

  1. var_dumpが見やすく改行される
  2. エラー発生時にスタックトレースがでるため、発生個所を追うのが楽
  3. IDEを使うとステップ実行ができる

などのメリットがあります。※php.iniなどで設定をします。

PHPのデバッグ用拡張モジュール「Xdebug」の導入方法と使い方

フレームワークのdebugツール

フレームワークなどをつかっていると画面の下にデバッグツールがでます。最近まであまり活用してませんでしたが、使えるとめちゃめちゃ使えます。

通常の変数はだせないこともありますが、SQLのログやリクエスト、セッションなどの変数を見ることができるのが便利です。

なるべく調べて活用しましょう。

dd

laravelのみ。dd()という関数で、今までだとvar_dump(); exitの発展形みたいなものです。オブジェクト形式の複雑なデータのデバッグをわかりやすくしてくれます。一般化できないか調査中。

ログに出す

画面に影響がでないのがありがたいですね。

ちなみにディフォルトだと変数しか出力できず、配列やオブジェクトの中身を出せないので、これらを出す場合には、

  1. ob_startを使ったバッファリング出力
    (参考リンク:http://skill-up-engineering.com/2017/05/23/post-2796/)
  2. var_exportやprint_rの第二引数にtrueをセットして、ログファイルに渡す
    (参考リンク:http://phpcopipe.com/post-71/)

などの方法があります。1は自力で考えたんですが、2のほうがお手軽でしょうね・・・結構長い間PHP使ってましたが、var_dumpの画面出力が多く、あまり有効活用してませんでした・・

他参考リンク

PHP開発時におけるデバッグ/プロファイリングの手段・ツール3+2選

そのほか、PHPのデバッグ情報をChromeに出すなどのこともできるようです。

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Queueの登録と実際の処理に関して

実務でQueueに絡んだ処理をする機会があったのでメモ。 Contents1 Queueとは2 Laravelでのキュー処理2.1 キューを記録しておく場所2.2 処理を登録する場面(当然まだ処理は行 …

no image

PHPのPDF出力に関するエラー

PHPからFPDFなどを使ってPDFを出力するプログラムを書いたんですが、下記のエラーでかなり悩まされました。

読んで字のごとくPDF …

no image

CakePHP3でのコレクションに関して

プログラミングにおいて基礎となるのは配列、ハッシュの処理とオブジェクト指向の使いこなしです。 配列、ハッシュの処理に関しては自前でメソッドを書いてもよいですが、バグの温床になりやすいので、ライブラリを …

no image

cakePHP3インストール

PHP7に上がりましたが、それ以前にcakeがversion3になっていますね。 いずれはこれでリプレイスをしなくてはいけないので、今日とりあえずインストールしてみました。 原則としてcomposer …

no image

正規表現(/を含むとき)

PHPの正規表現ですが、判定する文字列の中にスラッシュが入っている時の処理はデリミタを//ではなく{}でくくればOKです。 例えば数字2桁/数字1桁をチェックしたいとき [crayon-5ed7a99 …