skillup

技術ブログ

PHP

laravelでの名前空間変更

投稿日:2017年11月19日 更新日:

laravelでの名前空間変更について。

laravelでモデルの場所はディフォルトだとapp/直下に作られます。

これをapp/Modelというディレクトリを作ってnamespaceを正常に定義したんですが、Class not foundが表示されました。

どうやらautoloadされる場所に定義しておかないとダメなようです。

composer.jsonに下記のように追加しましょう。

そのあと下記コマンドでautoloadファイルを更新します。

Modelだけじゃなくて任意のクラスを作成したい場合にもclassmapに定義すればOKです。

参考リンク

Laravelで名前空間を指定してオートロードされなかったら見る場所

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Shift_JISの5C問題について 全角ハイフンでエスケープ

エンジニアであればだれもが頭を悩ませる文字コード。 私も初期のころはこれのせいでデータが入らないとかおかしくなるなんてことがさんざんありました。 今でも文字コードに遭遇することはあるんですが大体のパタ …

no image

cakePHPでのマイグレーション

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。 そ …

no image

cakePHP3インストール

PHP7に上がりましたが、それ以前にcakeがversion3になっていますね。 いずれはこれでリプレイスをしなくてはいけないので、今日とりあえずインストールしてみました。 原則としてcomposer …

no image

WordPressでのアイキャッチ画像

このブログと並行して更新しているガチンコ塾のブログですが、アイキャッチをブログ内にいれました。 画像をいれると文章の見やすさもだいぶ変わってくると思うので、アイキャッチの入れ方についてここに書いておき …

no image

PHP_CodeSnifferによるコードチェック

昨日の記事でphpmdという静的解析ツールを調査したんですが、それ以外にも規約にのっとっているかどうかコーディングをチェックできるツールはあります。 PHP_CodeSniffer https://g …