skillup

技術ブログ

PHP

laravelでの名前空間変更

投稿日:

laravelでの名前空間変更について。

laravelでモデルの場所はディフォルトだとapp/直下に作られます。

これをapp/Modelというディレクトリを作ってnamespaceを正常に定義したんですが、Class not foundが表示されました。

どうやらautoloadされる場所に定義しておかないとダメなようです。

composer.jsonに下記のように追加しましょう。

そのあと下記コマンドでautoloadファイルを更新します。

参考リンク

Laravelで名前空間を指定してオートロードされなかったら見る場所

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

composerでのライブラリ登録

今回はPHPのパッケージ管理ツールであるcomposerへのライブラリ登録を。 Contents1 ライブラリの作成2 packagistへの登録3 呼び出す側3.1 composer.json3.2 …

no image

cakePHPのajax

cakePHPのajaxですが、javascriptはいいとして、コントローラー側をどう実装するのか気になる方は多いでしょう。 cakeの画面は基本的にコントローラーにアクセスした後は通常はビューに遷 …

no image

phpQueryを使ったスクレイピングに関して

以前、スクレイピングに関してはこのエントリーでも紹介したとおり、phpに標準で入っているDOMDocumentを使う方法が一番楽です。 ところがデータによってはXMLで解析するため目的とする要素を取得 …

no image

CakePHP3 リクエストパラメーターの扱いについて

CakePHPのリクエストの扱いについて。 ほとんどのフレームワークですと、HTTPリクエストの扱いに関してはフレームワーク側で実装されていることが多いので、フレームワークを使い始める場合、この部分に …

no image

PHPにおけるstaticキャッシュ

PHPにおけるstaticキャッシュに関して。 PHPのおけるキャッシュはいくつかありまして、一般的にはmemcachedなどのKVS方式のキャッシュサーバーなどを使う方法が一般的かと思います。 キャ …