skillup

技術ブログ

Database

MySQLのLIMIT,OFFSETに関して&explainの見方など

投稿日:

自作のWEBアプリを作っていたところSELECT句が異常に遅いケースがありました。

発見までにかなり時間がかかったんですが、不可思議な現象としてはOFFSETが小さいときと大きいときで検索スピードが全然違うんですよね・・・

試しにexplainで調べてみるとrowのところの数値がoffsetの数がそのまま入っていました。(つまりoffsetの倍数そのままになります。)

てっきりORDER BYにindexが貼られて入れば、0件目でも100万件目でも全く変わらないと思っていましたが、実は違うようです。

対策としては下記のような感じでしょうか。

  • idなどの連続する値の場合はbetweenで挟む
  • offsetの始点にwhere条件を切り替えて検索する

OFFSETを使わない高速なページネーションの実現

あとは遅い原因の絞り込み方としてはexplainの活用がメインになりますね。

【MySQL】遅いselect文の原因を調査する【explainの読み方】

  • 基本rowsの数を少なくすることが目的
  • indexが適切に貼られているか、使われているか(explainのkeyをみて値が適切かどうかを見ましょう。)

自分の場合ですが、indexが適切に貼られているにも関わらずjoinを使った場合、型が片方はintもう片方はvarcharで高速化できない、ということがありましたまあ珍しいケースではあると思いますが、遅い場合には見ておきましょう。

 

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

データ構造の基礎知識 後編 木構造

データベースの学習をしていたときの復習です。 データ構造の基礎知識 前編 メモリとポインタ、配列と連結リスト データ構造の基礎知識 中編 ハッシュ 今回はもう少し複雑な「木構造」について考えてみます。 …

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …

no image

SQL基礎 case&groupbyの活用について

主に集計タイプの計算で大活躍するgroupbyについて。 主な用途は集計とカット。特にcase式と連動した集計はかなり使える 例 nameとageで構成されたテーブルがあるとして、年代ごとの人数を出し …

no image

DBの基礎 テーブルとは

CSSを学習したあとはデータベースの学習などを。 参考図書:「達人に学ぶDB設計指南書」基本的にはこれを読んでいきます。が、現状よくわからないところは飛ばしていきます・・・ Contents1 テーブ …

no image

自己結合に関して

以前もこのエントリーで学習しましたが、SQLの結合では自己結合という考え方があります。 下記のようなテーブルProductsがあるとします。 name | price ——&# …