skillup

技術ブログ

PHP

Laraevelのミドルウェアについて

投稿日:2018年2月11日 更新日:

以前からLaravel(ララベル)を使っていてわかりにくかったミドルウェアについてめも。

Laravelは一般的にはMVCフレームワークと言われていますが、コントローラーがリクエストを受け取り、何らかのアクションを起こすまで、あるいはアクションが起こってから、レスポンスを返すまでのレイヤー層の動きを「ミドルウェア」と言います。

基本的には全ページに共通な処理(認証)なんかをこれに入れると良さげ。全アクションの共通処理に使えます。

例えばフォームの値を受け取って、それをチェックすような仕組み、というものはコントローラーに書かずに別の部分が担当します。これがミドルウェアの働きです。

例えば認証の操作をする場合も、このミドルウェアが使われています。

*ちなみに自作することも可能です。参考文献を見て見ましょう。

独自ミドルウェアの作成

独自のmiddlewareを作成する場合、下記コマンドで自動生成できます。

SampleMiddelware.php

グローバルミドルウェア

上記のように特定のページだけではなく全てのリクエスト(orレスポンス)時に動くミドルウェアがあり、これをグローバルミドルウェアと呼んでいます。

これを制御しているのがapp/Http/Kernel.phpです。

グローバルミドルウェアは通常だと下記のように定義されています。ここに登録されているものが共通で使われているミドルウェアです。一般的にはここに登録することが一般的のようです。

ミドルウェアのグループ登録

多数のミドルウェアを使うようになると、複数のミドルウェアを一つにまとめて扱えるようにすると管理が楽になります。

ミドルウェアはグループとして扱うこともできます。

例えば下記のような記述はルーティングでwebと呼び出せば、列挙されているミドルウェアが全て使うことができるようになります。

ミドルウェアの呼び出し(どのページで有効になるか?ルーティングの設定など)

実際に認証の際に、middlewareを呼び出す場合はrouting時に呼び出すことにします。認証のmiddlewareはauthで呼び出せます。

参考文献

PHP Laravelフレームワーク入門 P108〜

Laravelのミドルウェアの実施順検証と小技

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cakeでのUtilityメソッド

cakeではControllerから呼ぶメソッドはComponent,ModelはBehavior、ViewはHelperに記述するのが一般的です。 ところが、プログラムを書いているとUtility系 …

no image

Cakeでのリレーションについて

いまさらながらCakeのリレーションについての復習。 基本から。 Contents1 基本的なリレーション1.1 1対N1.2 N対11.3 動的な紐づけ 基本的なリレーション 下記のようなテーブル構 …

no image

cakePHPでの直SQL

今回はCakePHPにて直のSQLを書く方法を。 cakePHPにて大概の処理はもともと備わっているコマンドでなんとかなりますが、まれに直SQLを書いたほうがらくなこともあります。 書き方その1 [c …

no image

PHPメモリ測定

プログラムのメモリ測定に関して。今回はWordPressの処理に関してです。 まずはソースから。 処理を入れているファイルはルートディレクトリ直下のindex.phpです。 [crayon-5b73e …

no image

cakePHPでのマイグレーション

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。 そ …