skillup

技術ブログ

PHP

Laraevelのミドルウェアについて

投稿日:2018年2月11日 更新日:

以前からLaravel(ララベル)を使っていてわかりにくかったミドルウェアについてめも。

Laravelは一般的にはMVCフレームワークと言われていますが、コントローラーがリクエストを受け取り、何らかのアクションを起こすまで、あるいはアクションが起こってから、レスポンスを返すまでのレイヤー層の動きを「ミドルウェア」と言います。

基本的には全ページに共通な処理(認証)なんかをこれに入れると良さげ。全アクションの共通処理に使えます。

例えばフォームの値を受け取って、それをチェックすような仕組み、というものはコントローラーに書かずに別の部分が担当します。これがミドルウェアの働きです。

例えば認証の操作をする場合も、このミドルウェアが使われています。

*ちなみに自作することも可能です。参考文献を見て見ましょう。

独自ミドルウェアの作成

独自のmiddlewareを作成する場合、下記コマンドで自動生成できます。

SampleMiddelware.php

グローバルミドルウェア

上記のように特定のページだけではなく全てのリクエスト(orレスポンス)時に動くミドルウェアがあり、これをグローバルミドルウェアと呼んでいます。

これを制御しているのがapp/Http/Kernel.phpです。

グローバルミドルウェアは通常だと下記のように定義されています。ここに登録されているものが共通で使われているミドルウェアです。一般的にはここに登録することが一般的のようです。

ミドルウェアのグループ登録

多数のミドルウェアを使うようになると、複数のミドルウェアを一つにまとめて扱えるようにすると管理が楽になります。

ミドルウェアはグループとして扱うこともできます。

例えば下記のような記述はルーティングでwebと呼び出せば、列挙されているミドルウェアが全て使うことができるようになります。

ミドルウェアの呼び出し(どのページで有効になるか?ルーティングの設定など)

実際に認証の際に、middlewareを呼び出す場合はrouting時に呼び出すことにします。認証のmiddlewareはauthで呼び出せます。

参考文献

PHP Laravelフレームワーク入門 P108〜

Laravelのミドルウェアの実施順検証と小技

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

php-fpmに関して

今回はphp-fpmに関して。会社のサーバー(このブログが載っているサーバー)がこれ使ってて、メモリをやたら消費しており、設定を見直す必要があったので、リサーチ。 Contents1 php-fpmと …

no image

cakePHP3 serialize&compact

Contents1 serialize2 compact serialize cakePHP3の記述で

みたいな記述をよく見かけていま …

no image

PHPで配列の同一性(集合のチェック)

AとBという配列があり、A⊂B つまりは集合のような関係を確かめたいときに下記のようなメソッドを使います。  

no image

cakePHP CSVのインポートとエクスポート

本日もcakeネタです。 CSVインポート&エクスポート CSVのインポートとエクスポートについて。 かなりいろいろなプラグインがあるようですが、一番楽なのはbehaviorを使う手法のようです。 a …

no image

PECLに関して

PHPのライブラリを入れようとするとたまに出てくるPECLに関して。 最近でもメールパーサーを入れた時に出ましたね。 [PHP]pecl,phpize,extensionという単語を見て頭痛がするあな …