skillup

技術ブログ

デザイン 未分類

positionを使うときに注意すること

投稿日:

positionを使ったときに色々なまとめ。

  • 親>子>孫だったときに親がrelative、子、孫がabsoluteだと孫の基準点は子になる(ソース参照)
  • position:absoluteの要素がインラインだとインラインの影響(例えばtext-align:center)を受ける可能性がある(ブラウザによる差異の影響を受ける)ので、display:blockにする。
  • absoluteだと親にpositionがなければ元々の基準位置(通常window)が基準になる。固定ヘッダーなどだとposition:fixedでも親とヘッダーが同一なので、関係ないかも。
  • 親がpositionでないblockで子がposition要素を持っていると親のoverflow:hiddenが効かない。親子がともにpositionなしか親子がともにposition持ちなら問題ない。(ソース参照)

参考リンク

ソース

https://github.com/umanari145/css/blob/master/position.html

-デザイン, 未分類
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

破綻しないCSSについて

業務では開発する人間があまりおらず、プログラム以外にもデザイン(CSSなどのレイアウト)やらサーバーやら一人ですべてやることが多いです。 CSSなんかは最初に触ってから4,5年は立ちますけど、系統的に …

no image

CSS floatについて

以前もちょっと書きましたが、CSSのfloatについて。 http://skill-up-engineering.com/?p=1708への追記 親から見るとfloatした子供は存在しない状態 flo …

no image

CSS positionについて

本日はpositionについて。 要素を通常、配置される場所から別の場所に配置させたいような場合positionを使います。 Contents1 positionの使い方1.1 相対配置 relati …

no image

cssでのmax,minや画像の配置に関して

主に画像なんかで使われるんですが、max(min)-width(height)などの使い方に関して。 えーmax(min)はどういうときに使われるかというとまず可変な要素に対して使われることが多いです …

no image

PDFテンプレートの活用

PDFのテンプレートの活用について。 PDFを出力するプログラムはいろいろありますが、今回はすでにあるPDFをテンプレート化できるライブラリについて。 Contents1 FPDI2 ソース3 参考リ …