skillup

技術ブログ

JavaScript

npmでのjQueryライブラリの読み込み+datepickerメモ

投稿日:2018年4月30日 更新日:

npm経由でjQueryやDatepickerなど一般的なライブラリをrequireしてビルドする手法について。

以前も下記エントリーで書きましたが、再学習。

npmでのJSライブラリインストール&ビルド(※gulp使用時)

npmでのJSライブラリインストール&ビルド(※Laravel使用時)

環境はLaravelとかではなくnpmが入って入ればOKとします。

事前準備

gulpなどを使用しても良いですが、単なるJavaScriptのビルドだけでしたらwebpackがいいようです。

また、入れたいライブラリを

でインストールします。自分の場合は、jquery以外にmoment,datepicker(jquery-ui),select2などを使いたいため、下記コマンドを実行しました。

ビルドに必要なライブラリができたところで、下記のようにビルドの元となるjsを作ります。

main.js

これをビルドするために下記コマンドを実行します。

これでbundle.jsと言うファイルに読み込まれた結果が吐き出されます。

–modeに関しては調査中ですが、開発と本番を分けたりすることができるようです。

あとはbundler.jsを読み込めば、無事datepickerやselect2などを使うことができます。

npmとwebpack4でビルド – jQueryからの次のステップ

結構困ったwebpackのお話

ちなみに上記のようにdatepickerを稼働させるためには下記のようにcss側の処置も必要です。

 

また反映されているかを確かめるためにブラウザのキャッシュをクリアしましょう。

-JavaScript
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jQuery modalダイアログについて&重複時間処理

Contents1 jqueryモーダルダイアログ1.1 あらかじめ読み込むライブラリ1.2 ソース本体1.2.1 Html側1.2.2 Javascript側1.2.3 参考リンク2 重複時間につい …

no image

vue-routerについて

vueでのルーティングに関して。 Vueの場合、いわゆるSPA(シングルページアプリケーション)という用途で使われることがあると思います。 ただその場合でも擬似的なルーティング(URLの切り替えなどに …

no image

Angularでのイベント+改行+echoでのバッファサイズ変更

Contents1 Angularのイベント処理2 Angularでの改行ネタ3 echoでのバッファサイズ変換 Angularのイベント処理 Angularを使っていて楽なのはHTMLタグにインベン …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

JavaScriptでのコールバック関数について。 たまにでてきますが、これまた慣れないと手間取ります。 コールバック関数に関してまとめると以下のような感じでしょうか。 ある関数(func1)の引数と …

no image

JavaScriptのコールバック関数について

Angularをやるうえで前提となるJavaScriptの知識を書いていこうかと。 関数を変数として扱い、別の関数の引数にできる JavaScriptの特徴の1つとして関数を変数のように扱えるというの …