skillup

技術ブログ

Database

checkboxでの値の管理

投稿日:

formにてcheckboxの値を一つのカラムにいれて管理する機会があったのですが、これ入力更新出会っても検索であっても処理がなかなか厄介です。特に検索の時ですね・・・

要するに値の候補が1,2,3,4だとしてデータとして値1,3が入っているとします。

そして検索画面では1,2がチェックされ含まれている値は?となった時、

とりあえず現状の対処法としては、

  • 文字列にしてカンマ区切りで保存(厳密にやりたい場合はSET型でもいいかも)
  • でもってFIND_IN_SETで値を1つ1つ検索

とやっていました。ただこの方法だとindexが効きませんので検索のスピードを上げたい時には向きません。

そんな時ですが、2進法の考え方を利用して、値を保存してあげると検索効率が上がります。(実際の実装については要調査)

 

-Database

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

EXISTSと集合

前回に引き続きEXISTSの問題です。 下記のようなテーブル(projects)があり、 project_id | step_nbr | status ———&#8 …

no image

MYSQL group_concat,cast等

実務でいろいろとトラブルがあり、データベースから在庫データを見てくれ~なんて依頼がありましたんでSQLをごりごり書いていたんですが、普段使わないようなSQLの構文を使ったのでここでちょっと紹介します。 …

no image

NOT EXISTSの利用

引き続きNOT EXISTSの利用です。 思った以上に使えますね・・・がムズイ。 今回は下記のようなテーブル(seats)があるとします。 ケースとしては新幹線の座席番号で空は席が空いている状態、占は …

no image

SQLにおけるナンバリング

本日はナンバリングに関して。 MySQLを使っていますと各テーブルにはid int not null auto_increment primary keyなどと打って主キーを打つことがほぼ習慣になって …

no image

CASE式のすすめ その2

本日も「達人に学ぶSQL徹底指南書」を地道に進めていきます。 Contents1 CASE式の利用2 UPDATE文のCASE3 テーブル同士のマッチング CASE式の利用 私自身はCHECK制約を使 …