skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

pidファイルに関して

投稿日:

サーバー上であるサービスを動いている(と思っている)時にstopしようとしたらpidファイルがありませんと怒られました。

pidファイルってよく聞くけどわかっていなかったのでこれを機にメモ。

Linux上ではあるサービスが起動するとプロセス番号を振ってテキストファイルとして保存します。これがpidファイルと呼ばれるもので、これがあるときは基本的にはあるサービスが動いているよ!という目印になります。

apacheだったら/var/run/httpd.pidというテキストファイルが生成されており、中にプロセス番号が記載されているのがわかるかと思います。

お便利サーバー.com WEBサーバー一般的な動作環境の設定

systemdのserviceとpidファイルの関係。systemctl startの仕組み

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

clamAV

ウイルスソフトclamAVのインストールと使用法について Contents1 インストール1.1 CentOS61.2 CentOS72 スキャン実行の設定に関して インストール CentOS6 [c …

no image

firewall復習 ansibleコマンドもかねて

CentOS7ではファイアーウォールの設定をfirewallというコマンドで行います。要はportのブロックですね。 以前下記リンクでもfirewallについて書いたんですが、あまり理解もできていなか …

no image

インメモリデータベース redis

インメモリデータベースのredis(レディース)について。 キャッシュとして以前はmemcachedを使っていましたが、いろいろ多機能ということでredisをちょっと触ってみようかと。 Content …

no image

Dockerfileでのコンテナ作成

dockerは通常はimageを取得し、コンテナを起動した後、自分独自にライブラリなどをインストールし、出来たものをcommitしますが、Dockerfileをつかえばこの一連の操作をファイルに記録し …