skillup

技術ブログ

Database

joinとeager loading

投稿日:

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。

自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・

通常のjoin

select句に何も指定せずjoin句を使うとプロパティがフラットになってしまいます。これだとカラム名が競合した時に片方が消されてしまいます。

例えばorderからorderitemをjoinしようと思った時にorderの1プロパティの中にorderitemがあり、この中にorderitemの全てのプロパティがあるというのが理想的です。

ループの中で取得

親(order)の数×子供の数(orderitem)となってしまい計算量的にありえないのでNG。

hasManyなどを動的に使用

https://readouble.com/laravel/5.1/ja/eloquent-relationships.html

上記のようなリレーションを動的に組む方法がベストっぽいです。これだと親のレコードの中にプロパティとして格納されるため、通常のjoinと違ってカラムが消されたりってことはありません。

ただこの手法だとjoin自体が実行されるのは親自体(order)をループする時になり、DBへのアクセス数が親の数×子供の数となってしまいます。(これが俗にいうN+1問題と言われるものらしいです。)

通常の取得をlazy loadingというようですね。

ちなみにディフォルトでhasManyなどのjoin関係を定義しておくと、親が絡む全てのSQLで自動的に子供がついてきてしまい、非常にめんどくなりますので、動的にリレーションの関係は作るようにしましょう。

eager loading

これを解決するのがeager loadingという手法のようでクエリを発行した瞬間にDBへのアクセスも終わります。

こうすることで

  • 親のプロパティの中に子供のオブジェクトを格納し、
  • かつ計算量も抑える

ということができます。

えらい単純なことですが、これに行きつくまでにそこそこ時間がかかりました・・・(汗)

参考リンク

laravelじゃないですが、参考になりそう。

CakePHP3のORMを使う際に欠かせない概念について

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cakePHPでのマイグレーション

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。 そ …

no image

EXISTSについて

今回はEXISTSについてです。 実務では伝票と明細との検索関連の処理で結構出てきます。 なお、達人に学ぶ~では論理学について少しふれており、この領域を本気で理解する場合は論理学を勉強する必要がありま …

no image

アンチパターン 連鎖倒産+エラー監視+データのバックアップ

本日は主にインフラの設計的なことに関して。 Contents1 連鎖倒産1.1 デメリット1.2 対策2 エラー監視2.1 デメリット2.2 対策3 データのバックアップ体制3.1 デメリット3.2 …

no image

正規化について&EXTRACT

Contents1 正規化とは?2 第一正規化3 SQLネタ EXTRACT 正規化とは? 正確な定義は難しいですが、8割ぐらいあっている定義としては「適切なテーブルに分割すること」です。※ただし正確 …

no image

JPAを使用する  JavaSE編

現在の開発ではデータベースへの接続ではJPAを使っています。このJPAがなかなか曲者でいろいろと詰まることがありましたので解説させていただきます。 Contents1 JPAとは?1.1 メリット1. …