skillup

技術ブログ

Database

joinとeager loading

投稿日:

フレームワークでデータをORMがらみでjoinするときのネタ。

自分の場合はLaravel。他のフレームワークでも考え方は通じるものあるかと・・

通常のjoin

select句に何も指定せずjoin句を使うとプロパティがフラットになってしまいます。これだとカラム名が競合した時に片方が消されてしまいます。

例えばorderからorderitemをjoinしようと思った時にorderの1プロパティの中にorderitemがあり、この中にorderitemの全てのプロパティがあるというのが理想的です。

ループの中で取得

親(order)の数×子供の数(orderitem)となってしまい計算量的にありえないのでNG。

hasManyなどを動的に使用

https://readouble.com/laravel/5.1/ja/eloquent-relationships.html

上記のようなリレーションを動的に組む方法がベストっぽいです。これだと親のレコードの中にプロパティとして格納されるため、通常のjoinと違ってカラムが消されたりってことはありません。

ただこの手法だとjoin自体が実行されるのは親自体(order)をループする時になり、DBへのアクセス数が親の数×子供の数となってしまいます。(これが俗にいうN+1問題と言われるものらしいです。)

通常の取得をlazy loadingというようですね。

ちなみにディフォルトでhasManyなどのjoin関係を定義しておくと、親が絡む全てのSQLで自動的に子供がついてきてしまい、非常にめんどくなりますので、動的にリレーションの関係は作るようにしましょう。

eager loading

これを解決するのがeager loadingという手法のようでクエリを発行した瞬間にDBへのアクセスも終わります。

こうすることで

  • 親のプロパティの中に子供のオブジェクトを格納し、
  • かつ計算量も抑える

ということができます。

えらい単純なことですが、これに行きつくまでにそこそこ時間がかかりました・・・(汗)

参考リンク

laravelじゃないですが、参考になりそう。

CakePHP3のORMを使う際に欠かせない概念について

-Database
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

netbeansのJPQL補助機能

JPAでは基本的に生のSQLではなく、JPQLを使って書きます。 SQLでもタイプミスにイライラさせられることは多いのですが、JPQLはもっとですね・・・爆 そこで使えるのがNetbeansの入力補助 …

no image

JPAでのリレーションに関して

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。 もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規 …

no image

sourceコマンドに関して(Linuxサーバー&MySQL)

Linux上ではコマンドをテキストファイルに記述して、

と入力すると命令を実行してくれます。 シェルスクリプトよりもお手軽に実行できる …

no image

SQLのチューニングに関して

ここ2か月ぐらいはSQLの本でがりがり勉強してきましたね。当然復習も必要かと思いますが、だいぶいろんなことを覚えたなあという気がします。 一番勉強になった本はもちろん「達人に学ぶ SQL徹底指南書」と …

no image

アンチパターン バインド変数の未使用+直積組み合わせ+データ量爆発+インデックス関連

本日はSQLコーディングに関して。 ここら辺は実際にプログラムを書く際に重要になってくるネタ。 Contents1 バインド変数1.1 デメリット1.2 対策2 直積により組み合わせが爆発する2.1 …