skillup

技術ブログ

PHP

PECLに関して

投稿日:

PHPのライブラリを入れようとするとたまに出てくるPECLに関して。

最近でもメールパーサーを入れた時に出ましたね。

[PHP]pecl,phpize,extensionという単語を見て頭痛がするあなたへの処方箋

ほとんど↑これを踏襲するだけですが、ちょっと勉強。

PECLとは

PHPの拡張ライブラリでPEARに似たところがあり。php.iniなどに個別にインストールして〜.soなどの記述を追加することが多いです。

インストール方法

  1. 個別のライブラリをソースからインストール
  2. 解凍して、ビルド
  3. ライブラリをおくパス(php -i | grep -i extension_dirで調べれれます。)に配置

その他

・phpizeはコンパイルのためのコマンドのようでconfigure(コンパイル時に使うやつ)の前段階の準備のようです。

 

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

キャッシュについて(主にmemcachedを中心に)

Webサービスのパフォーマンス向上で目に見えて効果があることの一つがDBへのアクセス回数を減らすことです。 それはSQLを発行する回数を少なくするなど、普段からのプログラムの書き方ももちろん大事なので …

no image

Queueの登録と実際の処理に関して

実務でQueueに絡んだ処理をする機会があったのでメモ。 Contents1 Queueとは2 Laravelでのキュー処理2.1 キューを記録しておく場所2.2 処理を登録する場面(当然まだ処理は行 …

no image

Laravelのサービスプロバイダ

ミドルウェアやルーティング同様、惰性で使っていたサービスプロバイダについてめも。 Contents1 サービスプロバイダとは2 参考リンク・参考文献 サービスプロバイダとは Laravelでは特定のサ …

no image

テンプレートエンジンTwigについて

SmartyにかわるテンプレートエンジンとしてTwig(ツィッグ)を勉強中。 といってもテンプレートエンジンなので基本的なことはほとんど一緒っぽいですが。 Contents1 インストール2 基本的な …

no image

Laravelの認証(独自テーブル仕様)

Laravelで独自の認証をしたいときに少々大変だったのでメモなどを。 *ディフォルトのテーブルはuserで認証項目もemailとpasswordと決まっています。 いじるところが色々ありまして、列挙 …