skillup

技術ブログ

PHP

phpenv+php-build 複数のPHPのversionを使い分け

投稿日:

使っているサーバーで別バージョンのphp(7.2.0)を使いたかったのでphpenvをインストール。

phpenvのインストール

原則としてユーザー単位で設定するため(そうじゃないこともできるようですが)、各ユーザーごとのディレクトリに配置します。

必要なライブラリのインストール

必要なライブラリがかなり多いため前もってインストールを。

これだけインストールしててもまだ出るかもですが、つど調べれば必要なライブラリはわかるはずです。

php-build

次にphp-buildのインストールを。

まだ調査中ですが、おそらくはバージョンごとにPHPのコンパイルを行うツールかな?

php install

実際にphpのインストールを行います。

難しいのがこれはPHPを単にインストールしただけで、apacheで入れるにはphp install バージョンの前にしておくことがありますが、ディレクトリとかの切り替えとかが難しいっぽい・・・

一応メモると

なお、php5のモジュールを同時に読み込むとapache起動時にSegmentation falseなるエラーが出ます。この場合、http.confやconf.d/以下のapacheの設定ファイルでphp5のモジュールを読み込んでいる場所がないかを確認しましょう。

追記

phpenv installの前に下記のようなエラーが出たのでコメントアウトしたら動きました・・・なんだったんだろう・・

リンク

phpenvで複数のPHPのバージョンを管理する

phpenvをシステムワイドにインストールする方法

phpenv + php-buildでPHPを複数バージョン利用する方法

-PHP
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

cakePHPでの直SQL

今回はCakePHPにて直のSQLを書く方法を。 cakePHPにて大概の処理はもともと備わっているコマンドでなんとかなりますが、まれに直SQLを書いたほうがらくなこともあります。 書き方その1 [c …

no image

form以外でのPOST送信

前回の記事に引き続きですが、APIを叩く側はformでデータを送るのではなく、コードの中にPOSTする処理を書きます。 選択肢としては curlコマンドを使う file_get_contentsを使う …

no image

Laraevelのミドルウェアについて

以前からLaravel(ララベル)を使っていてわかりにくかったミドルウェアについてめも。 Laravelは一般的にはMVCフレームワークと言われていますが、コントローラーがリクエストを受け取り、何らか …

no image

guzzle

サイトへのログイン認証などHTTPアクセスを行うライブラリではHTTP2_requestが有名かと思いますが、すでに開発がとまっていることもあり、最近はguzzleというライブラリが使われているようで …

no image

cake3でのバッチスクリプト

以前、cakeでのバッチをこちらのエントリーで書きましたが、今回は3系でのバッチの書き方について。 といってもほとんど同じですが・・・ Contents1 ディレクトリ2 ソース ディレクトリ src …