skillup

技術ブログ

PHP

LaravelでのAPI実装

投稿日:2018年8月15日 更新日:

Laravelで外部からAPI叩いてデータ入力みたいなことをしたかったのでこれを機に勉強。認証とかを通してないのでそのまま公開すると危険です・・(汗)

参考リンク

[PHP] Laravel5.6で、サクッとRESTful APIを作成する

LaravelでCRUDのAPIをささっと作る

下記のようにファイルをセットします。

ルーティング

api/route.php

上記のようにルーティングをセットするだけですでにgetやpostでのアクセスができてしまいます。

詳細なルーティングはphp artisan route:listで見れます。(API以外のものも見れます。)

コントローラー

app/Http/Controllers/Api/CustomerController.php

(別にディレクトリの位置はApiのなかに作らなくても大丈夫です。)

最初のうちは php artisan make:controller CustomerController --resourceなどのコマンドで自動生成した方が楽だと思います。

APIサービス postman

APIの場合、今までGETに関しては直接URLを叩いて、確認してましたが、POSTの場合、

  1. formを作ってPOSTする
  2. curlコマンドを使う
  3. postmanのようなWEBサービスを使う

などの選択肢があります。curlコマンドがお手軽ですが、APIがらみの検証ではpostmanと言うサービスが使えます。

APIがらみの検証ではかなり有名なツールのようです。

urlにパラメータを送信して結果などを自由に見ることができます。自分の場合、Chromeの拡張ツールを使いましたが、かなり使えますね。

参考リンク

curlコマンドから HTTP POST する方法

APIの開発がむちゃくちゃ捗る「Postman」の使い方

-PHP
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

herokuでのmb_convert_encoding

herokuにあげたアプリを起動しようとしたらmb_convert_encodingでundefinedエラーが帰ってきました。 どうやらマルチバイトのライブラリがないエラーのようですね。 といいつつ …

no image

cakeでのUtilityメソッド

cakeではControllerから呼ぶメソッドはComponent,ModelはBehavior、ViewはHelperに記述するのが一般的です。 ところが、プログラムを書いているとUtility系 …

no image

PHPコマンドに関して

今更ですが、使えると思ったPHPコマンドなど。 Contents1 php -r2 php -l3 php -a4 php -i, php -m php -r PHPをそのまま実行させる。 perlで …

no image

ファイルポインタ関連の操作に関して

CSVの読み込みに関してファイルポインタ関連で色々と整理することがあったのでメモ。 Contents1 今回やりたかった処理2 ファイルポインタとは 今回やりたかった処理 CSVファイルを読み込み(文 …

no image

composer最低保証のバージョンを管理

自分の開発端末ではPHPのバージョンが7.1何ですが、上げなければいけないサーバーのバージョンが7.0だったりして、

みたいなエラーが …