skillup

技術ブログ

PHP プログラミング全般

emptyの扱いに関して

投稿日:

PHPで空白や存在確認として便利なemptyですが、乱用すると意図しない動きをすることがあるケースが多々あります。

emptyの挙動に関して

基本的には下記のものがtrueになります。

  • 空白
  • null
  • false
  • 0
  • array
  • 未定義

個人的に気をつけたいと思う点。

数値の0

これが一番大きいかなと。

金額0円とか徒歩0分を判定したいときに、未定義やnullと0の判定が正確にできません。この場合、値の存在判定に関してはissetなどを使うべきでしょう。

検索などの全判定と値のなし

検索などで値がない時(is null)と全判定を分けたい時に。

この場合,issetなどで判定し、検索条件の中にnullを入れるべき

PHP isset, empty, is_null の違い早見表

-PHP, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

composer global require

composerでのglobal requireに関して。 composerでライブラリを読み込むとき、一般的には下記のどちらかで読み込むことが多いです。 composer.jsonに記述 compo …

no image

call_user_funcについて

call_user_funcについて。 call_user_funcはメソッドを動的に呼ぶことができるメソッドの1つで、コールバック関数を使いたいときに使われます。JavaScriptでは比較的多いと …

no image

cakePHP3での複数データベース接続

cakePHP3で複数のデータベースに接続することができます。 まず設定ファイルで複数のデータベースを定義します。(defaultはそのままにしておきます。) [crayon-5d5e092e23c0 …

no image

herokuでのmb_convert_encoding

herokuにあげたアプリを起動しようとしたらmb_convert_encodingでundefinedエラーが帰ってきました。 どうやらマルチバイトのライブラリがないエラーのようですね。 といいつつ …

no image

PHPで配列の同一性(集合のチェック)

AとBという配列があり、A⊂B つまりは集合のような関係を確かめたいときに下記のようなメソッドを使います。