skillup

技術ブログ

PHP プログラミング全般

emptyの扱いに関して

投稿日:

PHPで空白や存在確認として便利なemptyですが、乱用すると意図しない動きをすることがあるケースが多々あります。

emptyの挙動に関して

基本的には下記のものがtrueになります。

  • 空白
  • null
  • false
  • 0
  • array
  • 未定義

個人的に気をつけたいと思う点。

数値の0

これが一番大きいかなと。

金額0円とか徒歩0分を判定したいときに、未定義やnullと0の判定が正確にできません。この場合、値の存在判定に関してはissetなどを使うべきでしょう。

検索などの全判定と値のなし

検索などで値がない時(is null)と全判定を分けたい時に。

この場合,issetなどで判定し、検索条件の中にnullを入れるべき

PHP isset, empty, is_null の違い早見表

-PHP, プログラミング全般
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

CakePHP3 リクエストパラメーターの扱いについて

CakePHPのリクエストの扱いについて。 ほとんどのフレームワークですと、HTTPリクエストの扱いに関してはフレームワーク側で実装されていることが多いので、フレームワークを使い始める場合、この部分に …

no image

プログラミングを習得するときに必要な2つの大事なこと

元々私は塾で仕事をしていましたが、いろいろ紆余曲折ありましていまではWEBエンジニアとして仕事をしております。 エンジニアとしてのキャリアは3年ぐらいなので正直あまりないのですが、開発者と平行してプロ …

no image

PHPで配列の同一性(集合のチェック)

AとBという配列があり、A⊂B つまりは集合のような関係を確かめたいときに下記のようなメソッドを使います。  

no image

cakePHPでのマイグレーション

開発を続けているとデータベースのカラムの構造が変更するってことはしょっちゅうですが、管理がいい加減だとメンバー間でテーブルの構造が変わっていたり、本番と開発で違ってくるなどのトラブルが続出します。 そ …

no image

短いコードを書く

私が普段コードを書くときに考えていることは常にいかに短くかけるか、ということといかにバグを生み出さないかということです。 基本的にはできるだけ、短くシンプルに書くようにしています。 そうすることであと …