skillup

技術ブログ

デザイン

BrowserSyncを使ったホットリロードに関して

投稿日:

BrowserSyncを使ったブラウザのホットリロードに関して。

ホットリロードとは「エディタなどで更新があった際にブラウザがすぐに検知して、最新の状態に自動更新してくれる」状態にブラウザをすることです。

一般的にはnpmでパッケージ管理し、gulpやlaravel-mixなどのタスクランナーを使って管理することが多いかと思われます。

とりあえず自分が動いたケースを。

下記がディレクトリ構成です(一般的にはgulpfile.jsがapp_dir以下に来るケースが多いのでちょっと特殊かも。)

gulpfile.js

この状態でnpx gulpを実行するとnodeの内部にインストールされているビルトインのサーバーがlocalhost:3000で立ち上がり、ejsやsassのファイルを更新した時点で自動反映されます。

参考図書

Webデザイナーの仕事を楽にする! gulpではじめるWeb制作ワークフロー入門

ソース

https://github.com/umanari145/front_end

-デザイン
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

一般的なWebサイト制作について

実務で通常のWebサイトを作成するというお仕事が。 Webサイトを改めて作成するっていう経験からはだいぶ遠のいてましたんで、これを機にスキルをまとめたいなーって思います。 サイト作成といっても本格的な …

no image

パララックス系のギャラリー(中央ネタ)

ギャラリー的な画像を使ったときに思ったこと。下記が画像の標準的な扱い方かな・・・ 枠自体は高さも幅も決める(li要素のwidth,heightは決める) 基本は画像要素を中央揃え(positionの5 …

no image

固定されたナビ(ヘッドとサイド)

boostrapでサイトを作るときにヘッダーとサイドバーを固定したいときについてメモします。 Contents1 ヘッダーを固定したい場合2 サイドバーを固定したい場合3 参考リンク ヘッダーを固定し …

no image

破綻しないCSSについて

業務では開発する人間があまりおらず、プログラム以外にもデザイン(CSSなどのレイアウト)やらサーバーやら一人ですべてやることが多いです。 CSSなんかは最初に触ってから4,5年は立ちますけど、系統的に …

no image

CSSのレイアウト例 その1 カラムレイアウト

本日はCSSのレイアウト例に関してよくあるものを見てみようと思います。 例によってサイトが具体的にどうなっているかを知りたい方は「プロとして恥ずかしくない 新・CSSデザインの大原則」を買いましょう。 …