skillup

技術ブログ

プログラミング全般

エラーレポーティングサービス Sentryについて

投稿日:

リリースした後、運用段階に入ると定期的にバグ報告が上がってきます。

本来はリリース前に研修テストをすべきなんですが、そんな余裕ないことも多い(汗)

で、そんな時に大事なのが

  1. エラーを気づけること
  2. 対処法をあらかじめ考えておくこと

の2点でしょうか。

エラーを気づけること

バッチの時もそうですが、以下にエラーに気づけるかが大事ですね。予算に余裕がなかったり、プロジェクト自体が実験的だったりするとお客さんから報告を受けて直すってことが多いですが、そうならずに対処できるのが理想です。

そのために必要なのが、以下のようなことでしょうか。

ログの管理

実際に運用始めるととんでもない量のログが出るので、どれくらいの量をだすのか、ローテートはどうするか、原因追求速度をあげるためにもレベル管理分けはどの程度するか、などをしっかり考えて起きましょう。

例外処理

基本、プログラムってどこかでこけることを前提に組んだ方がいいですね。自分も自分のプログラムも信用しない人の方がうまくいくと思います(汗)

プログラム側でしっかり組むのは当然として(フレームワークだと自動的に例外が出るようにはなっていますが・・・)

もう一つ大事なことは、エラー検知サービスの活用です。

Sentry

https://sentry.io

これはエラーが起こった時に自動的にエラーを記録、通知してくれるサービスです。これがあると一々ログを見なくとも詳細なレポートを画面に出してくれるので、どこでエラーが起こったかがすぐわかります。

また通知してくれるので、すぐに気づけます(土日にくると嫌ですが・・・・(汗))

上記URLから登録して、Exceptionを発生させればエラーを記録してくれます。

サンプルコードは下記を参考に。

https://github.com/umanari145/phptips

対処法をあらかじめ考えておくこと

サービスが運用する前に考えておくべきことですが、下記のような対策をするといいのではと思いました。

  1. 作業重要度、優先度の振り分け
  2. メンテ時間を月1などで持たせてもらい、ユーザーがさわれない時間を作る
  3. データが一番大事なので、復旧作業手順などをあらかじめ考えておく
  4. 最悪、サービスが止まった時の運用方法を考慮しておく

-プログラミング全般
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

オブジェクト指向 アプリケーション層に関して

本日も引き続き「現場で役立つシステム設計の原則」を読み進めてます。 本日は主にアプリケーション層(以下AP層)。MVCモデルでいうところのコントローラーに近い?)の考え方について。 Contents1 …

no image

テストコードを読みやすくする

リーダブルコードも最終章に近づいてきましたね。 今回はテストコードについて。 以前のプロジェクトではテストコードを書いていたのですが、今携わっているプロジェクトでは書いてないです・・・ テストを書く目 …

no image

PCクラッシュ時に備えて

先日、ずっとメインで使っていた会社のノートPCがクラッシュし、再起不能になりました。ファイルなんかはクラウドで管理していたものが多かったので実害はあまりなかったんですが、当然ゼロではありませんでした。 …

no image

ポート解放(CentOS7)

新サーバー構築をしていたときにwebサーバーとしてnginxを立てましたが、外部から接続ができません。 500エラーすら吐かれず、ログも残っていません。 こんな時はホスト自体にアクセスが届いていない可 …

no image

オブジェクト指向設計 単一責任のクラスの設計

オブジェクト指向をするうえでの大事なポイントなど Contents1 単一責任のクラス設計1.1 メモ1.2 実際のコーディング上のコツ1.3 感想1.4 参考文献 単一責任のクラス設計 メモ 単一責 …