skillup

技術ブログ

Database

ajaxのasync:falseと複数DBのjoinに関して

投稿日:

本日も小ネタ集です。

ajax:false

ajaxは非同期処理が基本ですが、async:falseとすると同期処理になります。

ただ、この同期処理ですが、ブラウザ自体がロックされますので、画面を更新しているようなエフェクトが画面上に現れなくなります。

例えば

  1. 何らかの画面上のイベント(例えば画面ローディング)
  2. ajaxの処理

と書いた時にasync:falseをしている場合、画面ローディングの処理が動きませんでした。なお、基本的にJavaScriptは非同期が基本なので、極力使わない方がいいようです。

私のケースですが、ajaxのオプションでbeforesendなどすれば良かったかも・・・。

複数DBでのJOIN

基本的にSQLって同一データベースのみでやるものだと思ってたんですが、テーブルを表記する時にデータベース名.テーブル名と書けば複数のDBでのSQLが可能なようです。

もちろんログインしているユーザーがどちらのデータベースにもアクセスできることが大前提ですが。

できるわけないと思って調べることもせず、今まではシコシコとプログラムを書いて処理してました。無駄なことしてたなー・・・(汗)

MySQLで異なるDBに存在するテーブルを結合して表示する方法

-Database
-

執筆者:


  1. […] ajaxのasync:falseと複数DBのjoinに関して […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

SQL基礎 結合に関して

SQL実践入門を読んで勉強しておりますが、本日は結合に関して。 Contents1 クロス結合2 内部結合3 外部結合4 結合のアルゴリズムとパフォーマンス4.1 NestedLoops4.2 Has …

no image

SQLで数列を扱う

今回はSQLで数列を扱ってみましょう。 例えば下記のような0から9までの数字が書かれている数列があったとして、 これにより連番を作成してみましょう。 digit ——- 0 1 …

no image

JavaでのSQLの書き方

ちょっと小ネタです。 通常SQLを記述する場合、縦に分けて書くのが見た目にも見やすく、保守性も高いです。 例として

と書くよりは、 [ …

no image

論理設計のグレーノウハウ 列持ちテーブル、集計キー、多段ビュー

前回に引き続き論理設計のグレーノウハウについて。 Contents1 列持ちテーブル1.1 メリット1.1.1 シンプルな設計1.1.2 入出力のフォーマットと合わせやすい1.2 デメリット1.2.1 …

no image

リレーションを含んだテーブルでの副問い合わせ

本日はSQLネタです。 下記のようなテーブル構成があったときとします。 注文ヘッダと注文詳細は(1:N)とします。 ここで、product_id=5を含んだ注文ヘッダーレコードを取り出したいとします。 …