skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Amazon SESでのメール送信

投稿日:

前回、AWSでのメール受信についてかいたので今回はメール送信に関して。

送信の場合、下記のような流れになります。

基本のセッティング

  1. SES画面から入り、「Email Address」をクリック
  2. 「Verify a New Address」から持っているメールアドレスを入力
  3. 認証確認のメールがくるので送られてきたメールをクリック。
  4. Email Addressの画面で「Verification Status」がverifiedになっていればOK
  5. 「Send a Test Mail」でメール送信

参考URL

AWS SESでのメール送信環境を構築する(Amazon Simple Email Service)

サンドボックスの解除

上記までの流れだと登録したメールにしか送れないため、実際のメールとしては機能しません。

どうやらサンドボックスという状態らしくこれを解除する必要があるようです。

SESに入り、「Sending Statistics」という画面から入れば、

「Your Amazon SES account currently only has “sandbox” access」

というメッセージが画面上部に出ているかと思います。

このメッセージボックスの中の「Request Production Access」というところをクリックし、送信数と合わせて、AWSに申請手続きをする必要があります。(参考リンク参照)

参考URL

SES送信制限解除申請 (SES Sending Limits)

1日ぐらいで承認の返信がきますので、これでメール送信をすることができるようになります。

実際のメール送信

送信前にAWSのCLI環境を作っておきましょう。

AWSのCLI環境について

SDK

node.js

CLI

共に

というメッセージが帰って来ればOKです。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

pythonのアップグレードに関して

pythonのアップグレードに関して。 python2.6だとpipがインストールされていないのですが、入れようとしてハマったのでメモ。 一般的なインストール方法ですが、下記のようになります。 [cr …

no image

クロスサイトスクリプティング(XSS)

これまた非常によく聞く攻撃方法ですね。 Contents1 クロスサイトスクリプティングとは?2 被害3 対策 クロスサイトスクリプティングとは? 動的なページの表示生成の際に悪意のあるスクリプトを埋 …

no image

データのシリアライズ

おととしにJavaをやったときにでてきましたがSessionに情報を格納するときにでてきたシリアライズについて。 セッションはステートフルな状態を実現するための便利なデータの保存方法ですが、値をオブジ …

no image

Linuxでのパス

以前、composerを入れるときに、こちらの記事を書いたのですが、自分が使っているVPSではこの方法で入りませんでした。 調べるとみるとPATHが/usr/local/binではなく/usr/bin …

no image

herokuでMySQL

昨日に続き、heroku+MySQLのメモです。 herokuはディフォルトではPostgreSQLですが、アドオンを使うとMySQLも使えるようになります。 使い方ですが、herokuの管理画面でク …