skillup

技術ブログ

サーバー・ネットワーク

Amazon SESでのメール送信

投稿日:

前回、AWSでのメール受信についてかいたので今回はメール送信に関して。

送信の場合、下記のような流れになります。

基本のセッティング

  1. SES画面から入り、「Email Address」をクリック
  2. 「Verify a New Address」から持っているメールアドレスを入力
  3. 認証確認のメールがくるので送られてきたメールをクリック。
  4. Email Addressの画面で「Verification Status」がverifiedになっていればOK
  5. 「Send a Test Mail」でメール送信

参考URL

AWS SESでのメール送信環境を構築する(Amazon Simple Email Service)

サンドボックスの解除

上記までの流れだと登録したメールにしか送れないため、実際のメールとしては機能しません。

どうやらサンドボックスという状態らしくこれを解除する必要があるようです。

SESに入り、「Sending Statistics」という画面から入れば、

「Your Amazon SES account currently only has “sandbox” access」

というメッセージが画面上部に出ているかと思います。

このメッセージボックスの中の「Request Production Access」というところをクリックし、送信数と合わせて、AWSに申請手続きをする必要があります。(参考リンク参照)

参考URL

SES送信制限解除申請 (SES Sending Limits)

1日ぐらいで承認の返信がきますので、これでメール送信をすることができるようになります。

実際のメール送信

送信前にAWSのCLI環境を作っておきましょう。

AWSのCLI環境について

SDK

node.js

CLI

共に

というメッセージが帰って来ればOKです。

-サーバー・ネットワーク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

serverspecによるサーバー自動テスト

最近は管理しているサーバーが多いのと、構成管理ツール(Ansible)なんかをちょくちょく使ってますが、ちゃんと入っているかどうかを確認するのはそれなりに大変だったりします。 が、構成管理ツール自体も …

no image

POP3を使ったメール受信

メールの送信と比べると、プログラムで描く頻度は少ないですが、メールの受信について。 Contents1 POP3サーバー2 プログラムにてPOP3サーバーと通信3 PHPにてメールを取得する場合 PO …

no image

ansible mysql,cronなど

Contents1 ansibleでのMySQlのインストール (CentOS6)2 ansibleのcronインストール3 任意のコマンド4 ansibleオプション ansibleでのMySQlの …

no image

php-fpmに関して

今回はphp-fpmに関して。会社のサーバー(このブログが載っているサーバー)がこれ使ってて、メモリをやたら消費しており、設定を見直す必要があったので、リサーチ。 Contents1 php-fpmと …

no image

heroku scheduler(cron的なもの)

herokuでアプリをデプロイしたあと定期的に走らせたいバッチなどがあるとき、cronを使うことを考えると思いますが、herokuではheroku Schedulerというアプリを使います。 hero …