skillup

技術ブログ

PHP サーバー・ネットワーク

laravel+vessel

投稿日:2019年8月31日 更新日:

現場のリーダー的な方に進められてVesselというDockerのインストールなどをサポートするツールを触ってみました。

特にlaravelのインストールなどに向いていますが、laravelでなくとも使えるかと思います。

インストール手順

*Laravelのインストールが前提になります。

この状態ですでにvesselがインストールされています。

設定ファイル作成+起動

このコマンドで具体的にはdockerのイメージファイル、docker-composeの設定ファイルやvesselなどが作成されます。

あとは下記コマンドで起動、終了が簡単にできます。

その他&気づいたこと

Dockerですが、自分は小さいサーバーを複数立てるようなイメージだったのですが、正しくはプロセスのようですね。

だから自分は以前はアプリとDBぐらいは分けてましたが、それ以外は基本的にアプリでいいのでは?と思っていました。

というかアプリとnode分けたら、サーバーが別だと思っていたのでどうやってnpmのライブラリをインストールする?と思っていたんですが、プロセスと考えれば当然別々にすべきですね。

vesselで便利なところはlaravelの最小構成でもアプリ、node、DB、redisなどは分けてあります。

メリットとしてはこのように分けると組み合わせが楽なのと各コンテナが軽量になります。

アプリとnodeで同期場所が同じであれば普通にlaravelのnpmのインストールはできます。

しかもvesselの場合はコンテナのなかに入らなくてもvesselを仲介して、コマンドを打つことができます。上記のような ./vessel npm install と打てば自動的にnodeのコンテナをみに行って、実行してくれるわけです。これがすごく便利ですね。

しかもnpmのコンテナが起動してなくても大丈夫です。(これはちょっと不思議・・)

その他の詳しいコマンドは下記などに書かれています。

https://vessel.shippingdocker.com/docs/everyday-usage/

参考リンク

VesselでLaravelのDocker環境をサクッと作る

https://vessel.shippingdocker.com

-PHP, サーバー・ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Laravelの認証(独自テーブル仕様)

Laravelで独自の認証をしたいときに少々大変だったのでメモなどを。 *ディフォルトのテーブルはuserで認証項目もemailとpasswordと決まっています。 いじるところが色々ありまして、列挙 …

no image

linuxでのherokuのインストール&パスの通し方

linuxでのherokuのインストールやパスの通し方について 原則としてruby入ってないとダメっぽいです。(しかもruby1.8系だと2016年6月現在エラーが出ますので最新バージョンをインストー …

no image

SSHのfinger printに関して

今まで何気なくやっていることをあまり実は理解していない・・なんてことが多いもんで、最近は復習の必要性を感じています。 今回のお題はSSHのfinger printです。 初めてSSH先に接続するときに …

no image

cakePHPでのバッチスクリプト

cakeでバッチのプログラムを書く機会があったのでメモします。 まあ、バッチだったらcakeでなくてもいいのですが、やはりcakeのModelをいろいろと使えると便利ですので・・ まずファイルパスです …

no image

シェルの基礎+ユーザー切り替え関連

雑誌を見ていたらシェルの特集があったので、ちょっとメモリます。 補強したいところのみ要点をチェック。 Contents0.1 実行パスについて0.2 ビルドインコマンド0.3 シェル変数・環境変数0. …