skillup

技術ブログ

JavaScript

JavaScriptのexport

投稿日:

JavaScriptのexportについて。

es6の大きなメリットとして、ライブラリをモジュール化して、外部から読み込むことができますが、読み込み方に少し癖があります。

気をつけるポイントとしては、以下2点です。

  • 読みれる側にdefaultがあるかないか
  • 名前の変更などがあるかないか

クラスを例にあげますが、関数や変数でも同様の扱いができます。

defaultがついている時

./lib/PersonClass.php

defaultをつけますと外部から読み込む時にPersonClassが自動的に名前が付与されます。

./sample.js

ちなみに下記のように書くこともできます。

defaultがない場合

defaultがついてない場合ですが、名前を import の際につける必要が出てきます。

./lib/memberClass.php

読み込む側ではそのままで読み込む時は{}をつける、名前を変更する場合はasをつけるなどの工夫が必要です。

通常のexport以外にも下記のような出力の仕方もできます。

-JavaScript

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JavaScriptのトランスパイルについて

今回はJavaScriptのトランスパイルについて。 JavaSciprtではwebpackでコンパイルなどをする時に同時にトランスパイルという処理を行います。 トランスパイルとは? 主にES2015 …

no image

横からスクロール sidrの使い方

携帯サイトの場合、端末のサイズが小さいため、メニューなどはどう縮めてもやはり圧迫してしまいます。 そんなとき、クリックさせてスクロールさせるタイプであれば、場所が狭いことが気になりません。本日はそんな …

no image

モジュールバンドラparcelについて

現在のフロントエンドだと、es6以降の書き方が主流になっていることもあり、一度慣れてしまうとなかなか戻れない便利さがあります。 が、私の場合、設定が面倒だったり、Chromeではトランスパイルしなくて …

no image

クロスドメインがらみのajax

ajaxで別ドメインに対して、プログラムを実行したい時に注意すべきことなどを。 Contents1 ログ、レスポンスヘッダをとにかく追う2 特定ドメインからの許可3 フレームワーク側での認証ロジック( …

no image

JavaScriptのタイマー

えーボタンを押すと、時間の計測がはじまり、別のボタンを押すとそのタイマーがとまるというもの。 WEBのアプリでは比較的よくお目にかかるタイプかと思います。 一番多いのは情報商材のページかもしれないです …