*

初心者でもできる!作れる!WEBサービスの開発 その2 制作体験記編

前回からの続きですが、主にプログラムの勉強目的として、簡単なWEBサービス(アフィリエイトサイト)を作ろうと思い立ちました。

ジャンルはニーズがあり、需要があることからアダルト動画のアフィリエイトサイトです。

詳しい経緯はこちらから。↓

初心者でもできる!作れる!WEBサービスの開発 その1 準備編

今回は実際にどのようにサイトを作っていったかをダイジェストでお話しします。

初心者でも~と銘打ってますが、具体的なレベルに関しては前回リンクの後半部分を読んでいただければと思います。

サイト概要

サイトのイメージ図

sample

図のイメージを説明すると大体下記のような感じです。

  1. 本店(D〇M)の動画コンテンツをプログラムで取得する
  2. アフィリエイトサイトに動画情報を掲載する。
  3. サイト訪問者がサイトに掲載された動画をみて、本店(D〇M)に行き、購入する。
  4. 購入した動画の何割かが紹介料としてサイト運営者に入る。

ざっくり説明しましたが、上記のサイトを作るには

大きく分けて

  • 動画を集めるための動画コンテンツの収集プログラム
  • 動画を載せるアフィリエイトサイト自体の構築

の2つが必要になります。

※実をいうとAPIという技術を使うと、引っこ抜いてこなくてもいいのですが、いろいろと制約もあるので、私は引っこ抜きました。

動画コンテンツ収集プログラムの開発

まずはアフィリエイトサイトなので動画自体を集めてこなくてはいけません。

D〇Mにアクセスし、

最低でも

  • 作品番号
  • 作品タイトル
  • 女優さんの名前
  • パッケージの画像
  • リンク

は絶対必要になります(実際にはこれ以外にももちろん取得しています)。

人の手で毎日、何百本分行うのは現実的ではないので、プログラムにやらせます。

専門用語でこれらの作業をスクレイピングといいます。

作ったプログラムの機能としてはざっくりいって下記のような仕様だったと思います。

  1. 人気ランキング順に商品一覧ページにアクセス
  2. 1つ1つの商品ページのリンクを取得
  3. 取得した商品ページにいき、作品タイトル、女優名、画像リンク、ページ自体のリンクといった情報を取得
  4. 重複がないようにチェックを行い、MySQLに格納
  5. 上記作業を毎日の深夜3時に行う(Linuxのcronというプログラムを使います。)

(実際はもっともっと複雑ですが簡略化して書いています。)

WEB上の情報の取得の仕方

WEB上の情報をどうやって取得するかといいますとPHPでしたらfile_get_contentsを使うと、HTMLをそのまま持ってこれるんですね。

あとはHTMLタグが商品名だと<div id=”product_name”>・・・</div>とかになっているんで、正規表現を利用して商品名を取得しました。

言葉だけだとイメージがわきにくいと思うので

試しに下記のプログラムを実行してみてください。

Yahoo!JAPANという文字が取れていると思います。これはYahooのページにアクセスし、タイトルタグの規則性(<title>~</title>)を考えてデータを取得しています。

基本的にはこの応用で商品データを取得していました。

アフィリエイトサイト自体の構築

動画情報が用意できたら、次に動画コンテンツを乗っけるサイト自体を構築しなくてはいけません。

このサイトなんですが、私はCMS(WordPress)を使いました。

CMS(WordPressの活用)

参考リンク CMSとは?

これは単純に手間を省き、1時間でも早くサイトを開設したかったからです。

最低限のデザインのサイトであってもゼロから作るとなるととても時間がかかります。

(ちなみにゼロから作れるスキル自体は必要です。)

そのため、素早くリリースするためにはCMSやフレームワークといったツールを使うと高速でサイトやサービスを立ち上げられます。

このブログサイトも実は2時間ぐらいで立ち上げています(汗)

WordPressとは通常はブログや企業用のウェブサイトを作る際に使います。このブログもWordPressです。

私がアフィリエイトサイトを作った時は1つの記事を1つの商品ページに見立てていました。

もちろんデータベースにある動画を手で1つ1つ投稿していくわけにはいきません。

WordPressにあるxmlrpc.phpという技術を使い、プログラムから自動投稿を行っていました。

1日100記事ぐらいのペースですね。

箇条書きにすると下記のようなかんじです。

  1. データベースを見に行き、データを取得する。
  2. 記事にアップする用にHTMLを加工して、女優名、作品の画像、URL、時間、その他の情報をHTMLのなかに入れる。
  3. xmlrpc.phpを利用し、WordPressに投稿する。

一気に動画を投稿しなかった理由としては少しずつ投稿したほうが検索上有利と聞いたからです。

ざっとみてきましたが、ここまでが作ったWEBサービスです。

製作期間ですが一番最初のプロトタイプ的なものが大体2~3週間(計:70~100時間)ぐらいだと思います。

簡単に言うと「商品データを取得する」ことと「サイトを作り、商品データを載せる」これだけです。

サイトのデザインや検索機能などこだわりたいことはあると思いますが、とりあえず立ち上げるということが大切だと思いますので、最初はスピード重視でいったほうがいいでしょう。

後追いの機能はいくらでも追加ができるので。

次回は運営編です。お金が早く稼げたのはビックリしました・・・

関連記事

基本ルールのまとめ

こんばんは、松本です。 このブログのコンテンツもこのエントリーで25本目となってきました。

記事を読む

エラーメッセージで挫折

もうエラーメッセージで挫折しない! 4つのエラーメッセージ対処法

このブログで何回か書いたのですが、PHPに限らずプログラミングの独学はかなり難しいです。 その

記事を読む

CMSの大まかな構成

前回に引き続き、CMSの大まかな構成について話したいと思います。 HTMLサイトとの違い CMS

記事を読む

お問い合わせフォームを作ろう! その3(PHP)

それでは前回のコードを例に少しずつ内容について説明をしていきます。 値を取得するには まず一番最

記事を読む

PHPはなぜ簡単といわれるのか?

最近ではブラック企業と同じような意味合いでブラックバイトなんて言葉があるらしいですね。 ただ定

記事を読む

オブジェクト指向 その2 「設計図」と「部品」

それではオブジェクト指向を具体的に解説していこうと思います。といっても、天才でない限り、初学者でいき

記事を読む

セミナー告知のお知らせ

突然ですが2018/06/16にIT業界への就職希望者を対象とした無料プログラミングセミナーを開催さ

記事を読む

「初級」〜「中級」のPHPエンジニアのスキルについてまとめてみる(DB編)

本日はデータベース系の必要な技術について。 ウェブエンジニアといっても技術領域が非常に広いので

記事を読む

JavaScriptとPHPの違い

お問い合わせフォームと指導者ネタを更新中なのですが、先日セミナーにお越しいただいた受講生の方にPHP

記事を読む

どんなプログラマが身につけておいても損はない重要なスキルとは?

のっけからストレートなタイトルですいません。 ちょっとあおり気味なタイトルですが、今日紹介する

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

転職エージェントについて

さて、エンジニアとして転職を考えている人であれば転職エージェントを使っ

エンジニアが転職して年収を上げる方法を考えてみました。

えー前回の記事でも書きましたが、2020年2月現在転職活動中です。

2020年のご挨拶

今更ですが、明けましておめでとうございます。 2019年も2本し

自社開発>客先常駐である本当の理由

このブログでも何回か取り上げていますが、ITエンジニアの働き方としては

エンジニアにとって必要なコミュニケーション能力とは

気がついたらもう3月下旬になっていますね・・ 年末年始忙しかった

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑