skillup

技術ブログ

Java

配列の参照の仕方

投稿日:

変数が存在しているにもかかわらず値が入っていないときは、プログラミングではNULLという表記をします。(ちなみに空白が入っているのとは違います。)

これはプログラマにとってはほぼ常識的な内容なのですが、先日は配列の参照でこれを私自身理解していないことがありました。

arr[i]が存在しないとき

NULLは確かに値が入っていないということですが、変数自体は定義されています。変数というのは厳密に言えばメモリの番地ですが、その場所に何も入っていない、という状態が定義されているわけです。

これと違うのはそもそもその変数自体が存在しないときです。これは変数だとあまりないのですが、配列では比較的遭遇しやすいポイントかと思います。

例えば上記のようなコードは例外(ArrayIndexOutOfBoundsException)がでます。

NULLチェックをしているのに?と最初は思っていたのですが、そもそも上記ケースの場合arr[3]という場所はどこにも定義されていません。

NULLというのは繰り返しますが、データの場所は定義されているが、何もない状態を指します。上記の場合データの場所自体が定義されていないのでNULLとは違うわけですね・・・・

まあ、PHPだと上記みたいなコードでもNoticeエラーが出るだけでそのまま通ってしまうことと、変数の未定義の状態(いわゆるNULL)と上記の配列のケースが同じなため混同してました・・・

ちなみに上記のようなソースの場合、当たり前ですが配列のインデックスの最大値でループ回数を定義すれば防ぐことができます。

-Java

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JSFを使ったAjax

現在開発中のサブプロジェクトでJSFからAjaxを使う機会があったので紹介します。 仕様自体は非常にシンプルで下記の画面でプルダウンが変更になったときにDBを見に行って画面の値を更新するような仕様です …

no image

JavaEEでのURLマッピング

Contents1 URLマッピング1.1 prettyfaces1.2 導入方法1.2.1 pom.xmlの設定1.2.2 pretty-config.xmlの設定1.3 ManagedBeanでの …

no image

BeanValidationの動的メッセージ出力について

JSF+ManagedBeanでは基本的にbeanValidationを使ってバリデーションを行い、エラーメッセージなどはプロパティファイルで管理するのが一般的です。 アノテーションなどを付与してあげ …

no image

persistence.xmlのプロパティについて

JavaEEではデータベースとの設定情報はpersistence.xmlに記述します。 (ユーザー名、パスワード、ポート、driver名、データベース名などの情報はglassfish-resource …

no image

開発環境と本番での設定ファイル変更

開発と本番で設定ファイル自体(web.xmlなど)はわけると思うのですが、以前はわからず、開発のものと本番のものを手動でわけていました。 Javaでどうやってやるかを調べたところ、pomにかなり便利な …