skillup

技術ブログ

Java

GlassFish&Junitの不具合

投稿日:2015年4月10日 更新日:

JavaEE(JSF+JavaBean+EJB+JTA)でアプリを製作しているのですが、EJBの部分のjunitができないことが判明しました。

正確に言うとラムダ式を使うと不具合がでます。原因としてはラムダ式はJava8担ってから搭載されたものです。

JavaEEがまだ8に対応したものがでていないのでこの部分で不具合が出てしまうようですね。

ちなみにラムダ式を使わなければ以下の記述でテストが可能です。

1 pom.xmlの冒頭にあるプロパティ設定に、 glassfish.embedded-static-shell.jar という名前のプロパティ名を定義し、値に glassfish.embedded-static-shell.jar の実在の場所を記述します。

2 次にmysqlの依存関係をpom.xmlに定義

3 GlassFishのドメインルート(データベース接続場所を管理している場所)を記述したプロパティをハッシュに入れて、読み込む

propの部分ですが、GlassfishのDBのクラスを管理している部分のリンクを張っておかないといけません。

これで一応junitでテストができます。ただしJava7以下限定ですが・・・(汗)

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Optionalについて その1

Streamに続いて、Java8で新搭載された機能がOptional です。 Javaではnullの処理をいちいちしなくてはいけないのがいろいろと面倒ですが、Optionalの機能をうまく使うことで可 …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

型情報の取得・活用について

Javaで抽象度の高い実装を行うときに必要となる型情報の活用法について。 できるとできないとでプログラムの応用範囲が変わってくるのでメモっときます。 こちらのエントリーと合わせて読むといいと思います。 …

no image

try-with-resourceの使い方

先日ファイル入出力の処理をいろいろと書いていたところ、例外処理について社長からアドバイスをいただきました。 Contents1 ファイルの入出力について2 try-with-resource3 参考リ …

no image

JSFとManagedBeanがバインドされない

JSFとmanagedBeanはEL式.プロパティでバインドできますが、専用のタグを使わないとバインドされません。 managedBeanでtestというフィールドがあった場合、 JSF側で [cra …