skillup

技術ブログ

Database Java

JPAでのリレーションに関して

投稿日:2015年4月28日 更新日:

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。

もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規約どおりにテーブルが設計されていればリレーションなどもSQLを書くことなく楽にかけます。
ところが、規約を無視していたりするとなかなかこれが難儀です。

JPAでのリレーションの取得方法

JPAでリレーションを定義する方法は大きく分けて、

  1. リレーションされたテーブルのプロパティを格納しておくエンティティクラスを再作成する方法
  2. アノテーションでリレーションを管理する方法

の2通りがあります。

WEBでいろいろ検索しましたが、2の情報のほうがよくでてきますね。

ただアノテーションで管理する場合、WHERE句が複雑なときの対処法などがいまいちよくわかりません。SQLを書かなくてよいメリットはあるのですが。

ここでは1の方法であるリレーションされたテーブルのエンティティを再作成する方法を説明したいと思います。

SnapCrab_NoName_2015-4-28_1-1-35_No-00

ここでProductとSupplierをリレーションでつなげたいとき、

1 Product,Supplier両方のプロパティを保持するクラスをつくる。例えばSettedProductとします。

2 SettedProductに保持させたいプロパティと定義する、リレーション情報などは一切書かない。
この例で言うとproductID,supplierId,supplierName,productNameをprivateで普通に定義し、ゲッター、セッターと後述するインスタンスを記述しておきます。

3 エンティティマネージャーにて下記のようなJPQLのSQL文を書きます。

これでproductsをみてリレーションが取れていればOKです。

SQL文の中でnew パッケージ名 をコンストラクタ式といいます。SettedProductのなかにはこのコンストラクタを当然用意しておかなくてはいけません。

ようはJOINしたプロパティを収容できるクラスを定義し、そこに対してセットします。

プロパティが多いと大変そうですが、とりあえずこれでリレーションがとえます。

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HAVING句について

本日はHAVINGについて。 かろうじて用法はしっており、たまに使うこともありますが、あまりしっかり理解しているとはいえない状況ですので、掘り下げてみようと思います。 WHEREとは違い、抽出した結果 …

no image

データベースのインデックスについて

今回はデータベースのインデックスに関して。 検索条件を早くする場合、何よりも速度が速くなるのはインデックスを張ることでしょう。 インデックスを張ることは単語を索引順に並べることですので、劇的に速度が向 …

no image

ER図作成ツールについて(Mac版)

ER図作成ツールについてMacで色々と調べましたので、メモを。 フリー限定で。 ちなみにwindowsを使っていればA5:SQLが一番使えるかと思います。 以前も下記リンクで説明させていただきました。 …

no image

データベースアンチパターン・グレーパターンまとめ

本で勉強したものと自分で個人的に経験したことのまとめ Contents1 値渡しと参照渡しの混同2 型の制約が弱い3 変更していいデータ、していけないデータ4 参照系と履歴系のデータを区別する5 リレ …

no image

BeanUtilsについて

以前このエントリーでも紹介しましたが、BeanUtils、思った以上に使い方が幅広いです。 Contents1 クラスからクラスに2 マップからクラスに3 クラスからマップ4 特定の値の取り出し5 リ …