skillup

技術ブログ

Database Java

JPAでのリレーションに関して

投稿日:2015年4月28日 更新日:

JPAではテーブルをクラスで定義します。もちろん例外とかはいろいろあるのですが、1テーブル1クラスというつくりで、これをエンティティと呼びます。

もともとクラスを作ってからDBを作成したり、JTAの規約どおりにテーブルが設計されていればリレーションなどもSQLを書くことなく楽にかけます。
ところが、規約を無視していたりするとなかなかこれが難儀です。

JPAでのリレーションの取得方法

JPAでリレーションを定義する方法は大きく分けて、

  1. リレーションされたテーブルのプロパティを格納しておくエンティティクラスを再作成する方法
  2. アノテーションでリレーションを管理する方法

の2通りがあります。

WEBでいろいろ検索しましたが、2の情報のほうがよくでてきますね。

ただアノテーションで管理する場合、WHERE句が複雑なときの対処法などがいまいちよくわかりません。SQLを書かなくてよいメリットはあるのですが。

ここでは1の方法であるリレーションされたテーブルのエンティティを再作成する方法を説明したいと思います。

SnapCrab_NoName_2015-4-28_1-1-35_No-00

ここでProductとSupplierをリレーションでつなげたいとき、

1 Product,Supplier両方のプロパティを保持するクラスをつくる。例えばSettedProductとします。

2 SettedProductに保持させたいプロパティと定義する、リレーション情報などは一切書かない。
この例で言うとproductID,supplierId,supplierName,productNameをprivateで普通に定義し、ゲッター、セッターと後述するインスタンスを記述しておきます。

3 エンティティマネージャーにて下記のようなJPQLのSQL文を書きます。

これでproductsをみてリレーションが取れていればOKです。

SQL文の中でnew パッケージ名 をコンストラクタ式といいます。SettedProductのなかにはこのコンストラクタを当然用意しておかなくてはいけません。

ようはJOINしたプロパティを収容できるクラスを定義し、そこに対してセットします。

プロパティが多いと大変そうですが、とりあえずこれでリレーションがとえます。

-Database, Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

開発環境と本番での設定ファイル変更

開発と本番で設定ファイル自体(web.xmlなど)はわけると思うのですが、以前はわからず、開発のものと本番のものを手動でわけていました。 Javaでどうやってやるかを調べたところ、pomにかなり便利な …

no image

cakePHPでの直SQL

今回はCakePHPにて直のSQLを書く方法を。 cakePHPにて大概の処理はもともと備わっているコマンドでなんとかなりますが、まれに直SQLを書いたほうがらくなこともあります。 書き方その1 [c …

no image

CSVの保存、文字列としての出力

前回のエントリーではJSfでのCSVダウンロードについて書きましたが、実際にCSVの配列を作る処理について書きます。 CSVのアップロードの時に使ったのと同じCommonsCSVを使います。 Cont …

no image

DB負荷調査のセオリー

DB負荷などで見ておきたいことのまとめなど。(今のプロジェクトではSQLServerを使っていますが、他のデータベースでも同じかと思います。) 参考URL SQLServer: 現在実行中クエリのリア …

no image

入出力操作

Javaの出力処理について書きます。 下記リンクが非常に詳しかったので、これをもとにまとめてみたんですが、咀嚼できてないっぽい・・・・ もう1~2度修正がひつようかも。 Contents1 Javaの …

アーカイブ