skillup

技術ブログ

Java

Optionalについて その1

投稿日:

Streamに続いて、Java8で新搭載された機能がOptional です。

Javaではnullの処理をいちいちしなくてはいけないのがいろいろと面倒ですが、Optionalの機能をうまく使うことで可読性の高いコードを書くことができます。

私もまだ調査中なので本当に基本的な部分だけ紹介します。

Optionalとは?

Optionalとはnullかも知れない値をラップできる、オブジェクトです。

通常の処理

現状、Javaでは値にnullが入っているオブジェクトに対して処理をしようとするとExceptionが発生します。

これを防ぐために下記のようなチェック方法があります。

nullチェックその1

ifでチェック

この場合、何も出力されません。

nullチェックその2

例外を使ってキャッチする方法もあります。

nullと出力されます。

Optionalの使い方

Optionalはこのようにnullの可能性がある値をラップします。

メソッドの説明ですが、
Optional.ofNullable()はnullかもしれない値を取得します。
isPresent()は存在チェックなのでbooleanを返します。
str1.get()は値を取得します。
今回の場合、一切出力はされません。(文字がある場合、表示されます。)

ラムダ式を使った使い方

なお、下記のようにラムダ式を使った表記も可能です。

まだ全然調べられてないのでとりあえず今回はここまでにします。

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

JSFのメッセージのレンダリング

ManagedBeanとJSFでメッセージのやり取りをする場合、直接メッセージを変数として持たせるよりは、JSFの仕組みを通じてメッセージを出力させたほうが適切です。 Contents1 エラーメッセ …

no image

日付けのメソッド その2

以前、時刻を扱うエントリーではCalendarクラスとDateクラスを使いましたが、Java8で標準になったTimeAPIについて調べてみます。 Contents1 現在時刻の出力2 任意時間の出力3 …

no image

配列の参照の仕方

変数が存在しているにもかかわらず値が入っていないときは、プログラミングではNULLという表記をします。(ちなみに空白が入っているのとは違います。) これはプログラマにとってはほぼ常識的な内容なのですが …

no image

arquillianでのリソースファイル読み込み

以前、このエントリーでarquillianからライブラリが利用できず、追加のライブラリを導入した、ということを書きました。 実はリソースファイルもそのままですとarquillianからは使用できません …

no image

Javadocに関して

業務で社内で使うクラスライブラリを作成中です。 他人に使ってもらうものなのでコメントやドキュメント周りの整備が必要になり、javadocをしっかり作りたいと思っています。 Contents1 java …