skillup

技術ブログ

Git

Git→Jenkinsの連携

投稿日:2015年6月17日 更新日:

気がついたら投稿数が50超えてましたね。

ガチンコ塾とあわせて更新してますが、2ヶ月ちょいなので結構いいペースで更新しているかと思います。

大切なのはこれを継続できるかですね。ただ、ガチンコ塾に比べるとちょっと体系化されてません。

これはサイトの性質上仕方ない面もありますが、徐々に修正していきたいです。

Git→Jenkinsの連携

プッシュ時のGitの起動

CIを行う場合Jenkinsを使うケースが多いと思いますが、理想的なのはコミットした瞬間にビルドすることです。

Gitの場合、なんらかの変化が起きたときにする動作はリポジトリの中のhooksというディレクトリ内にスクリプトを書くと起動します。

~.sampleとなっているファイルがそうです。

この場合、Gitは共有リポジトリで管理していることが多いかと思います。

つまりプッシュを受けた時点で動作をします。その場合、post-receiveが対象ファイルになります。(起動させる場合)

ちなみに全パターンのケースは下記に詳しくのっています。

Git hooks まとめ

Jenkis側での対処

Jenkins側で自動ビルドを行う場合、

wget https://jenkinsのURL/job/プロジェクト名/build?delay=3sec

というスクリプトを書けばOKです。

ただ通常は認証をしていたりするケースが多いと思いますので、その場合は一工夫いります。

ユーザー設定ページでトークン取得

まずは自分のトークンを取得しましょう。

ユーザの設定ページのアドレスは下記です。

http://jenkinsのURL/user/ユーザー名/configure へアクセス

ユーザーの認証画面で[APIトークンの表示]をクリックし、コピペ

リモートビルドにチェックし、トークンを保存

次に設定プロジェクトの設定で[ビルド・トリガ]→[リモートからビルド]にチェックをいれ、認証トークンに好きな文字列を入力(APIのトークンとは違い、任意のトークンを入力できます。)

スクリプトに記述

post-receiveにスクリプトを記述

あとはchmod +xで実行権限を与えてあげればOKです。

ちなみに全体の記述に関しては下記を参考にしました。

Gitのpost-commit hookを使ってJenkinsにビルドして頂く

ちなみに/dev/nullを省略した場合、連携に失敗しました。これも追跡調査必要っぽいですねー

-Git
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

最新版のgitをソースから&git diffおさらい

Contents1 gitをソースから2 git diff gitをソースから gitはyumから入れてもいいんですが、バージョンが古かったりすると機能がいろいろと制限されるなどのデメリットもあります …

no image

追跡ブランチからローカルブランチを作る方法~ (svn→gitの移行など)

SVNで運用されていたプロジェクトをgitに移行する機会があったのでその時のメモなどを。 思ってたよりは楽だったかな・・・ Contents1 準備2 実際の移行(git svn clone)3 gi …

no image

git flowについて

最近、現場で少し使うようになったgit flowに関して。 gitでbranchを切って開発をする場合、 git branch ブランチ名でブランチ作る なんらかの開発 開発が終わったらgit mer …

no image

Gitでのbranch 新ブランチの作成&リモート反映&別環境反映

gitを使っているとわけのわからないことは多いのですが(爆)、その中の1つがbranch(ブランチ)でしょう。 これも説明をきいてもわからないのですが、自分でそのケースを学習してみればすぐにわかると思 …

no image

Gitデタッチ、インデックス、プッシュなど

まとまってませんが、Gitであったトラブルについてのメモです。 Contents1 デタッチ状態2 インデックス一覧&削除2.1 インデックスの一覧2.2 インデックスから取り除くとき3 git pu …