skillup

技術ブログ

Java

Seleniumでの画面テスト

投稿日:2015年6月27日 更新日:

普段テストはJunitで単体テストを書いていますが、画面からのテストなどは当然チェックできません。

フレームワークだとどうしても内部構造がわからず画面から直接うごかして確認しなくてはいけないようなケースも出てきます。

目視とはいえ、テストデータの取込→入力ぐらいは自動化できているとやはり便利です。

このような画面からのテストの場合、Seleniumを使うことが一般的だと思います。

Firefoxを立ち上げて動かすパターンでもよいですが(SeleniumIDE)、Javaのテストコードから起動して、値をソースから取込、ブラウザを稼働させることができます。

Seleniumのインストール

pom.xmlに下記のように依存関係を定義すればOKです。

注意点としてはバージョンにより結構不安定になるようで、ブラウザのバージョンアップなどには気を付ける必要があるようです。

現状の環境はFirefox38.0.5です。

テストコード

通常のテストコードとJunitを使って同じように記述して構いません。

下記が実際のサンプルです。

@Before,@Afterなどは通常通り使えます。

あとは画面のテキスト文字列を取得するメソッドなどもありますが、おいおい紹介していこうと思います。

また私は画面側をJSFで実装していますが、JSFで注意する点としてはinputのid=”hogehoge”などと設定しても画面に出力されるときは親の要素と結合してでてきます。

<form id=”foo”>
<input id=”hogehoge” ・・・・
</form>

のような場合、画面でみるとinputのidは”foo:hogehoge”になっています。

親要素のidがない場合、jsfが自動ではくidになります。

ちなみに下記リンクを参考にしました。

Selenium WebDriver を利用して Webアプリケーションのテストをしてみる

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リフレクション

前回のエントリーでは動的にクラスを使いまわす方法について書いたのですが、同様にリフレクション(動的にインスタンスを生成する方法)という技術についても学びました。 社長いわく黒魔術みたいなものといってい …

no image

GlassFishとTomcatの違い

JavaEEの開発を始めてからは基本的にサーバーとしてGlassFishを使っています。 一般的なJavaのサーバーというとTomcatが有名ではないでしょうか。少なくとも私はTomcatしか知りませ …

no image

JPAでのデータベースとの同期

このブログでも何回か書いてきたJPAですが、新規レコードをインサートさせた際IDを取得し、そのIDをもとに何らかのキーを作る、そういう処理があったので紹介させていただきます。 何回か書いてますが、JP …

no image

CDIの循環依存エラー&JSFでの条件分岐について

本日は小ネタなので2つのネタをまとめます。 Contents1 CDI循環依存エラー2 JSFでの条件分岐 CDI循環依存エラー 半年近くやってますが、いまだにJavaEEでエラーがでてくると焦ります …

no image

JPAでの多対多のリレーション

以前、このエントリーでJPAのリレーションについて説明しました。 今回は多対多について説明します。 Contents1 テーブル構成2 ソース2.1 CDのエンティティ2.2 Artistのエンティテ …

アーカイブ