skillup

技術ブログ

Java

JAXRSによるRESTAPI作成方法

投稿日:2015年6月30日 更新日:

業務でJavaによりWEBAPI(Rsetful API)を作成する機会ががあったのでちょっとメモしておきます。

RestAPIとは

近年、WEBサービスなどで使われているJavaのAPIは軽量さやシンプルさからRestに基づいて設計されたものが多くなってきています。

Restの特徴として、下記のようなものがあげられます。

  • URIによりリソースが特定される
  • HTTPメソッドを利用して、リソースを操作
  • クライアント、サーバー間はステートレス

リソース・・WEBからアクセスすることのできる1つ1つのファイル(ただのプログラムやテキストファイル)などのこと。

ステートレス・・1回きりの通信でそれまでの通信状態を保持しない状態のこと。対義語はステートフル(セッションに概念が近い)。

凄く単純に言ってしまうとあるURLをたたいた時に何らかのデータを返すサービスのことです。

またJavaにてRestfulAPIを作成する仕様のことをJAX-RSというようです。

プログラムの作成方法について

通常のAPIではデータベースにアクセスをして、その結果を返すということが一般的かと思います。

その場合の書き方です。

環境は
Windows8
Java7
Glassfish 4.1

です。

なお、一部のプログラムが前回の記事と同じです。

またアプリケーションサーバーを起動する場合下記のプログラムも必要になってきます。

上記のようなJavaのプログラムを作成し、

http://localhost:8080/プロジェクトファイル名/webresources/ping

と入力すると画面にJSON形式の配列が表示されます。

もちろんパラメータも渡せるようですが、次回以降書かせていただきます。

ちなみに「Javaエンジニア養成読本」を参考にしました。

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Enumでメソッドの実装

以前、Enum式で値を定義したことはありましたが、なんとメソッドが実装できることを知りました。 Contents1 Enumでのメソッドを実装2 複雑なメソッドの実装 Enumでのメソッドを実装 op …

no image

Optionalについて その1

Streamに続いて、Java8で新搭載された機能がOptional です。 Javaではnullの処理をいちいちしなくてはいけないのがいろいろと面倒ですが、Optionalの機能をうまく使うことで可 …

no image

Streamでの特定条件化のカウント&合計値算出

Java8、streamで値を抽出し、カウントと合計値の算出について、小ネタです。 一番多いのがList<Map>タイプの値の検出です。 [crayon-610388e837a572017 …

no image

dbUnitの使い方

えーJavaで有名なテストツールDBUnitについて。 DbUtilではありませんので間違えないように。(私は最初間違えました・・・) まだ全然使い込んでるわけではありませんがどんなことができるかとい …

no image

Javaでのメール送信プログラム

Javaでメール送信のプログラムがあったんで、メモ。 SMTPの認証とかはせず一番簡単なパターンです。 ケースでいうとサーバーA、サーバーBがあり下記のようなケースです。 A メールサーバー(smtp …