skillup

技術ブログ

Java

BeanValidationの動的メッセージ出力について

投稿日:

JSF+ManagedBeanでは基本的にbeanValidationを使ってバリデーションを行い、エラーメッセージなどはプロパティファイルで管理するのが一般的です。

アノテーションなどを付与してあげるとメッセージを動的に変えることはできます。

例えば

「~は必須項目です。」の「~」に関してはアノテーションを入れる際にプロパティを設定してあげればOKです。

が、プロパティではなく、エラーメッセージを動的に変えることはアノテーションの付与のみではできません。

例えば

あるパラメーターに対して2段階のエラーチェックがあり、1番目でひっかかったときと2番目で引っかかったときのエラーメッセージを変えたいときです。

いろいろ、検索したら下記のようにできました。実装部分のみ書いてます。

下記の部分で動的にエラーメッセージを変えられるようです。

リファレンスと情報は↓こちら

http://www.programcreek.com/java-api-examples/index.php?api=javax.validation.ConstraintValidatorContext

https://docs.oracle.com/javaee/7/api/javax/validation/ConstraintValidatorContext.html

まだ仕組みが全然わかってないので、もっと調査の必要がありますね・・

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

リファクタリング

業務で大幅なリファクタリングをする機会があり、その際の注意だったり、気をつけるべきことなどをまとめておきます。 自分用なので自分にしかわからない言葉で書いてある可能性が大きいです。 気になる方は問い合 …

no image

Javaでの文字コード判定、変換

Javaにて文字コード判定の処理を書きます。 Contents1 通常の文字コードの判定、変換2 ファイルの文字コード判定、変換2.1 juniversalchardet2.1.1 ダウンロード2.1 …

no image

Streamについて

Java8で導入されたStreamですが、名前はしっていたものの、使い方がわからず放置していました。 これを機に調べたのですが、コレクションフレームワークの拡張のようですね。 特徴としては以下のような …

no image

配列からListへの変換

配列からListにしたいとき、ループでいちいち回さなくても下記の処理で一気にListに変換できます。

Netbeansに教えてもらいま …

no image

JSFを使ったAjax

現在開発中のサブプロジェクトでJSFからAjaxを使う機会があったので紹介します。 仕様自体は非常にシンプルで下記の画面でプルダウンが変更になったときにDBを見に行って画面の値を更新するような仕様です …

アーカイブ