skillup

技術ブログ

Java

BeanValidationの動的メッセージ出力について

投稿日:

JSF+ManagedBeanでは基本的にbeanValidationを使ってバリデーションを行い、エラーメッセージなどはプロパティファイルで管理するのが一般的です。

アノテーションなどを付与してあげるとメッセージを動的に変えることはできます。

例えば

「~は必須項目です。」の「~」に関してはアノテーションを入れる際にプロパティを設定してあげればOKです。

が、プロパティではなく、エラーメッセージを動的に変えることはアノテーションの付与のみではできません。

例えば

あるパラメーターに対して2段階のエラーチェックがあり、1番目でひっかかったときと2番目で引っかかったときのエラーメッセージを変えたいときです。

いろいろ、検索したら下記のようにできました。実装部分のみ書いてます。

下記の部分で動的にエラーメッセージを変えられるようです。

リファレンスと情報は↓こちら

http://www.programcreek.com/java-api-examples/index.php?api=javax.validation.ConstraintValidatorContext

https://docs.oracle.com/javaee/7/api/javax/validation/ConstraintValidatorContext.html

まだ仕組みが全然わかってないので、もっと調査の必要がありますね・・

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Javaでのスクレイピング

スクレイピングというと一般的にはRubyが一番有名なようですが、もちろんスクレイピング自体はどの言語でも行うことができます。 Contents1 スクレイピングの手法1.1 正規表現1.2 HTMLパ …

no image

JSFを使ったAjax

現在開発中のサブプロジェクトでJSFからAjaxを使う機会があったので紹介します。 仕様自体は非常にシンプルで下記の画面でプルダウンが変更になったときにDBを見に行って画面の値を更新するような仕様です …

no image

JSONへの変換

近年はJavaSciprtを利用した動的なサイトが多いため、データのやり取りをAjaxで行うことも多かったりします。 JavaScriptの場合、データをJSON形式で扱うため、サーバー側からレスポン …

no image

JSPでのインクルード

JSPで社内アプリを作る機会があったので、メモ。 基本的なこともまだわかっていないんですが、とりあえずでてきたものから紹介してきます。 インクルードから。 ヘッダー、フッターみたいな別々に分けたりする …

no image

Enumでメソッドの実装

以前、Enum式で値を定義したことはありましたが、なんとメソッドが実装できることを知りました。 Contents1 Enumでのメソッドを実装2 複雑なメソッドの実装 Enumでのメソッドを実装 op …