skillup

技術ブログ

Java

Messageプロパティの設置方法

投稿日:2015年7月11日 更新日:

JavaEEに限らず、エラーメッセージなどは通常、プログラムの中に書くのではなく、できればエラーメッセージファイルの中で管理するのが望ましいでしょう。

またJSF側の名称の表示なども直接xhtmlの中に書いてしまうと保守性を下げる原因となります。

今回はメッセージファイルを外において管理する方法です。

メッセージファイルの管理の仕方

サンプル

例えば下記のようなフォームの入力画面があったとします。

gamen_1

仮に必須で、20文字以内の文字列を定義するとき、これを下記のようなエラーメッセージを出したいとします。

ちなみに姓、名、入力に関してもxhtmlの中に入れるのではなく、別のファイルから管理するとします。

error_customize_1

メッセージ系のファイルはプロパティファイルなどで管理します。

ファイル構成

ファイル構成ですが、下記のような構成です。後ほど設定ファイルを追加します。

画面のxhtml regist.xhml

プログラム sampleBean.java

エラーメッセージファイル /src/main/resources/ValidationMessages.properties

ラベルファイル  /src/main/resources/Label.properties

ソース

regist.xhtml

SampleBean.java

faces-config.xml

エラーメッセージは上記のバリデーションで行う場合、上記のパス( /src/main/resources/ValidationMessages.properties )であれば設定ファイルなどは必要ありません。

このファイルに下記のように書いておけば、先ほどのようなエラーメッセージが出力されます。

ただ任意のパスに設定したい場合や、ラベルなどを出力したい場合はfaces-config.xmlという設定ファイルが必要になります。

上記のように設定すればvarで設定した変数名として出力することができます。

Label.propertiesの中身ですが、下記のように設定してあげればJSFから参照できます。

なおエラーメッセージを任意のパスで出力する場合は、

<application></application>の中で

<message-bundle>パッケージ名/ファイル名</message-bundle>

と記述すれば表示することができます。

参考リンク・書籍

JSF2 メッセージ定義

JSFの標準メッセージを塗り替えるお仕事

わかりやすいJavaEEウェブシステム入門

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jenkins構築

いままでjenkinsについての記事を書いていなかったので記録しておこうと思います。 Contents1 前提条件2 jenkins構築3 設定ファイル変更(ポート&URL変更)4 セキュリティ有効化 …

no image

JavaEEでのURLマッピング

Contents1 URLマッピング1.1 prettyfaces1.2 導入方法1.2.1 pom.xmlの設定1.2.2 pretty-config.xmlの設定1.3 ManagedBeanでの …

no image

BeanUtilsについて

以前このエントリーでも紹介しましたが、BeanUtils、思った以上に使い方が幅広いです。 Contents1 クラスからクラスに2 マップからクラスに3 クラスからマップ4 特定の値の取り出し5 リ …

no image

mavenでJavadoc出力

Netbeansでプロジェクトから右クリックでjavadocの生成はできますが、実はmavenでビルドするときにJavadocを生成できます。 ただ出力するだけではなくてパラーメータをいろいろとセット …

no image

メソッドのtransient

エンティティを作成するときに、データベースのカラムにない値をプロパティを持たせるためにはtransientという修飾子が必要です。 参考リンク フィールド以外のプロパティをエンティティに持たせる 通常 …

アーカイブ