skillup

技術ブログ

Java

try-with-resourceの使い方

投稿日:2015年7月18日 更新日:

先日ファイル入出力の処理をいろいろと書いていたところ、例外処理について社長からアドバイスをいただきました。

ファイルの入出力について

ファイルの入出力を行う場合、ストリームで接続口を開いた場合、IOExceptionが発生した場合もそうでない場合も下記のように接続口を閉じる必要があります。

try-with-resource

上記のような表記が冗長のため、下記のようにtry文の開始に入力処理を書いておけば、自動で閉じてくれます。

ちなみにストリームが2か所あっても下記のように改行して、つなげれば問題ありません。

この記述自体はよく見かけていたのですが、これがtry-with-resourceという表現だとはしりませんでした。うーん不勉強・・・

参考リンク

 http://docs.oracle.com/javase/jp/7/technotes/guides/language/try-with-resources.html

Java7 体当たり/try-with-resources Statement

Java7のtry-with-resources構文でcloseし忘れを防ぐ

Java: try-with-resources で catch 節を使う

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Seleniumの値基本動作まとめ

以前、「Seleniumでの画面テスト」というエントリーでのテストフレームワークとして、Seleniumを紹介しました。 上記のエントリーですが、単なるインストールと基本的な起動、簡単な文字入力ぐらい …

no image

Javaビルドツール

JavaではPHPやRubyなどといったインタプリタ言語とは違い、ソースはクラスファイルといわれるファイルに変換する必要があります。この作業をコンパイルと呼びます。最低限この作業をやらないとプログラム …

no image

DBUtils活用 その2

以前DBUtilsの活用を書きましたが、他の使い方がわかったのでメモ 以前はSelectでList<エンティティ>を取得したのですが、List<Map>でも取得できます。 ソー …

no image

JSPでのインクルード

JSPで社内アプリを作る機会があったので、メモ。 基本的なこともまだわかっていないんですが、とりあえずでてきたものから紹介してきます。 インクルードから。 ヘッダー、フッターみたいな別々に分けたりする …

no image

Mapの使い方

Javaに限らずプログラミングで最も大切になるのは配列の処理でしょう。 Javaですと、PHPのような連想配列の代わりにMapを使用します。 Contents1 Mapとは?1.1 Mapのインスタン …

アーカイブ