skillup

技術ブログ

Git

gitのfetchに関して

投稿日:2015年7月18日 更新日:

gitでリモートの変更を取り込む場合、大きく分けるとfetchとpullがあります。

両者の違いですが、

fetch=一度、変更を取り込んで、ローカルの変更と相違点を確認できます。確認後mergeを行うとローカルに変更を取り込むことができます。

pull=一気にローカルの変更を行います。

よく言われているのはpull = fetch + merge origin masterですね。

fetch とpullの違いについて
git fetchの理解からgit mergeとpullの役割

実際の取込ですが、下記のように行うとスムーズです。

1 取込
git fetch origin master

2 fetchになっているコミットをみる
fetchしたコミットの情報がみれます。
git log HEAD..FETCH_HEAD

3 差分の確認
ローカルのソースとfetchの差分です。
git diff HEAD..FETCH_HEAD

4 最終的にマージ
git merge FETCH_HEAD
ここでソースが以前のコミットから変更がある場合は、mergeできません。
この場合、git checkout リビジョン番号 ファイル名などで所定のリビジョンに戻すか一度コミットする必要があります。

gitもまだまだ分かっていないこと多いなー。

-Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

gitのfetch/merge/rebaseについて その2

以前、gitのfetch/mergeについての記事を書きましたが、理論的なことは書いてあっても実際に処理の流れをかいていなかったので、今回はそのことについてメモリます。 Contents1 競合が起き …

no image

Gitについて基本頻出系

Gitでよく使うコマンドのまとめなんぞを。 Contents1 リポジトリ作成&基本設定2 リポジトリ取り込み系3 インデックス登録→コミット→リモート登録→プッシュ4 変更戻し系(基本的に中 …

no image

Gitで差分を見やすく表示する方法

gitの差分確認ですが、デフォルトのコンソールの画面だと下記のようなわかりにくい表示になります。 差分をチェックしたい場合はやはり左右にわけてしっかり見ることができたほうがいいですね。 この実現の仕方 …

no image

JSリンク集+git ブランチ指定 clone

現状の私の課題としてUIに対する意識が甘いということが上げられます。 大昔のサイトで使っているようなわかりにくいUIをそのまま使っているんですよね。 UIといってもいろいろな要素が必要となってきますが …

no image

gitの紹介と基本的な使用法について

Contents1 旧来のソース管理方法2 バージョン管理ツール2.1 バージョン管理とは?2.2 有名なバージョン管理ソフト3 Gitの基本的な使用法3.1 初期化(git init)3.2 基本的 …