skillup

技術ブログ

Git

gitのfetchに関して

投稿日:2015年7月18日 更新日:

gitでリモートの変更を取り込む場合、大きく分けるとfetchとpullがあります。

両者の違いですが、

fetch=一度、変更を取り込んで、ローカルの変更と相違点を確認できます。確認後mergeを行うとローカルに変更を取り込むことができます。

pull=一気にローカルの変更を行います。

よく言われているのはpull = fetch + merge origin masterですね。

fetch とpullの違いについて
git fetchの理解からgit mergeとpullの役割

実際の取込ですが、下記のように行うとスムーズです。

1 取込
git fetch origin master

2 fetchになっているコミットをみる
fetchしたコミットの情報がみれます。
git log HEAD..FETCH_HEAD

3 差分の確認
ローカルのソースとfetchの差分です。
git diff HEAD..FETCH_HEAD

4 最終的にマージ
git merge FETCH_HEAD
ここでソースが以前のコミットから変更がある場合は、mergeできません。
この場合、git checkout リビジョン番号 ファイル名などで所定のリビジョンに戻すか一度コミットする必要があります。

gitもまだまだ分かっていないこと多いなー。

-Git

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

GitLabのCI/CD

GitLabをGitHubがわりに使っているプロジェクトがあったのですが色々調べているうちにCI/CD的な使い方ができるといことで調査することに。 jenkinsでやったようなCI/CDができます。お …

no image

Gitでのbranch 新ブランチの作成&リモート反映&別環境反映

gitを使っているとわけのわからないことは多いのですが(爆)、その中の1つがbranch(ブランチ)でしょう。 これも説明をきいてもわからないのですが、自分でそのケースを学習してみればすぐにわかると思 …

no image

Gitで統合 merge関連

本日はずっとブランチ間の統合を行っておりました。 たとえばhogeブランチとfooブランチの統合をする場合、差分を最初に確認すると思いますが、 [crayon-62888bd35ceac4356404 …

no image

gitのfetch/merge/rebaseについて

git使って結構立ってるんですがいまだに仕組みがややこしく結構難しいなあと感じています。 基本的な使い方は以前紹介した「gitの紹介と基本的な使用法について」でいいと思います。 開発をやっていますと一 …

no image

gitのfetch/merge/rebaseについて その2

以前、gitのfetch/mergeについての記事を書きましたが、理論的なことは書いてあっても実際に処理の流れをかいていなかったので、今回はそのことについてメモリます。 Contents1 競合が起き …

アーカイブ