skillup

技術ブログ

Java

JSFを使ったAjax

投稿日:

現在開発中のサブプロジェクトでJSFからAjaxを使う機会があったので紹介します。

仕様自体は非常にシンプルで下記の画面でプルダウンが変更になったときにDBを見に行って画面の値を更新するような仕様です。

hoge

これをAjaxで実装します。

JSF側

ajaxタグの説明

<f:ajax event=”change” execute=”@this” listener=”#{menuBean.setExpenseData() }” render=”fixedSalary”/>

説明の必要はあまりないかもしれませんが

event・・読んで字のごとくイベントです。今回はプルダウンが変わった時なのでそのままchangeです。

execute・・サーバー側に送るデータをここに記述します。自分だけの場合は@this、すべて送る場合は@all,formの中だけを送る@formなどあるようです。ディフォルトでは@thisです。

listener・・イベント発生時に実行させるメソッドです。戻り値はなしのものにすること

render・・これがはまりました。実はAjaxで送ってManagedBeanの値を更新してもJSF側の画面は変わりません。後ほど紹介する書籍にばっちりかいてありましたが、JSFのライフサイクルの中でレンダリングは行われないようです。更新したい場合はコンポーネントのidをここで記述する必要があります。

ManagedBean側

該当の処理部分だけ書きます。

こちらは特に説明はいらないかもしれません。あえていうと画面の遷移がないので@ViewScopedにしたほうが、処理が軽いです。

@RequestScopedだとオブジェクトの生成・廃棄が起こります。

今回、参考になったのは書籍ですね。

わかりやすいJavaEEウェブシステム入門」この9章がそのまま役に立ちました。

 

-Java
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

配列の参照の仕方

変数が存在しているにもかかわらず値が入っていないときは、プログラミングではNULLという表記をします。(ちなみに空白が入っているのとは違います。) これはプログラマにとってはほぼ常識的な内容なのですが …

no image

JavaEEとは?

JavaEEのブログといいつつ、JavaEEについて全然書いていませんでした・・・ ちょっとJavaEEについて書かせていただきます。 Contents1 そもそもJavaとは?1.1 Javaの定義 …

no image

JavaEEのトランザクションに関して

最近あまり触れていないJavaEEのトランザクションについて。 JavaEEの場合、EJB環境では@Statelessを付けることによりトランザクション管理を行うことができます。 [crayon-60 …

no image

BeanUtilsについて

以前このエントリーでも紹介しましたが、BeanUtils、思った以上に使い方が幅広いです。 Contents1 クラスからクラスに2 マップからクラスに3 クラスからマップ4 特定の値の取り出し5 リ …

no image

CDIの循環依存エラー&JSFでの条件分岐について

本日は小ネタなので2つのネタをまとめます。 Contents1 CDI循環依存エラー2 JSFでの条件分岐 CDI循環依存エラー 半年近くやってますが、いまだにJavaEEでエラーがでてくると焦ります …