skillup

技術ブログ

Java

Glassfishの暴走に関して

投稿日:2015年7月30日 更新日:

JavaEEのアプリケーションサーバーではglassfishを使っているんですが、

メモリをかなり食うのと、頻繁に暴走してIDEからの処理を一切受け付けなくなることが多いです。

まだまだ全然対処法がわからないんですが、以下のようなことをして暴走(?)に対処しています。

差分デプロイストップ

差分デプロイをし続けると暴走しやすいのでコーディング時はglassfishを止めておく(微細な変更の時は差分デプロイを行う)

これどっかで差分デプロイ自体を設定で変えられないんでしょうか・・・

検索したけど出てこない。

キャッシュ・成果物削除

下記ディレクトリを削除(キャッシュ)

<GlassFishインストールフォルダ>\glassfish\domains\domain1\osgi-cache以下

<GlassFishインストールフォルダ>\glassfish\domains\domain1\generated以下

参考リンクは下記です。(ともに環境やケースは違うのですが、消去してビルドが行えないときに実行すると効果的でした。)

Eclipse+GlassFish3で開発しててGlassFishの起動が69%で止まるようになって困ったときの話

Glassfish DeploymentException: Error in linking security policy for

メモリ割り当て量の調整

Netbeansの設定ファイルで下記リンクの設定を行い、メモリ量を少なくする

対処療法にもなっていませんが、なんとかこれでIDEが固まることは少なくなりました。

もうちょい知識を身につけたいですね・・・

-Java
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

入出力操作

Javaの出力処理について書きます。 下記リンクが非常に詳しかったので、これをもとにまとめてみたんですが、咀嚼できてないっぽい・・・・ もう1~2度修正がひつようかも。 Contents1 Javaの …

no image

arquillianでの外部ライブラリ使用

現状、実務ではDBのテストでは基本的にarquillianを使っています。 arquillianとにかく、重いですね~。 まあglassfishを動かしているので仕方ないかもしれませんが、簡単なテスト …

no image

Annnotationについて その2

Java(JavaEE)をやりだして半年ぐらいたつんですが、個人的に鬼門だとおもっていたのが下記内容です。 MVCではないコンポーネントの考え方 クラスを使ったジェネリクスの使い方(型パラメータなど) …

no image

CentOS上にglassfish構築+arquillianテスト

JavaEEの開発でアプリケーションサーバーとしてglassfishを使っています。 今回、CentOS(ver6.6)に立てる機会があったので、そのネタを共有したいと思います。 Contents1 …

no image

複合コンポーネント

JSFではラベルやテキストといったコンポーネントをグループ化し、一つのまとまりとすることができます。 メリットとしては似たような部分をテンプレート化しておくことで保守性を向上させることができます。 さ …